お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

虐待

387: 名無しさん@HOME 2011/07/30(土) 23:52:06.22
自分が5歳の時、幼稚園に迎えにきた母と一緒に自宅に帰ったら 
家の雰囲気がおかしい。自分が家に入りたくないと駄々をこねたら母も違和感を感じたらしく、 
近所の交番に頼んで家に一緒に入ってもらった。 

スポンサーリンク

125: 名無しさん@おーぷん 2014/07/31(木)09:57:56 ID:wB5JgCzBv
私は小2までネグレクトを受けていた。いつから受けていたかは覚えていない。
父は物心ついた頃からいなくて母と2人暮らしだった。その母は夜になっても家に帰ってこなくて、私は空腹に耐えられず、冷蔵庫の中を勝手に漁ったりしていた。
冷蔵庫を漁ったのがバレると往復ビンタをされた。顔は腫れ、痛みを和らげる為に水で顔を冷やしたりした。

学校には行っていた。友達はおらず一人で本を読んで過ごしていた。
担任からは薄汚れた格好と腫れた顔を指摘され、「お気に入りの服だから洗濯してほしくない」「洗剤を間違えて口に入れて顔が腫れた」と説明した。これは母が言えと言ったから。 

573: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:WX/ZR3l6
たぶん4歳か5歳ぐらいの時だったと思う。 
まだ小学校に行ってなかったから。 
突然父に「今日からこの人をお母ちゃんって呼びな」って言われた。 
母は家にちゃんといるのに、父に急に知らないアパートに連れて行かれて 
知らない女の人がニコニコしてて、その女の人の肩に手をまわして 
デレデレの父がそう言ったんだ。 

913: 1/3 2011/01/25(火) 01:26:26 ID:wH3A9hfS
今日解決の連絡があったので、記念のカキコ。 

一ヶ月ほど前、夜行バスで旅行から帰ってきた。バスが思ったよりも早くついてしまい、 
まだ薄暗い道をカート引きずりながら、とぼとぼと歩いていた。 
途中、大きな公園があるんだけど、よく見ると幼児?らしき女児が一人でぽつんと座っていた。 

私の住んでいる場所は強盗や殺人も結構多く、最近それなりの頻度で事件になったりしている。 
不安になって声をかけてみると、この寒空に明らかにわかる薄着。 
唇も紫色になっていてガタガタ震えていた。 

564: 名無しさん@HOME 2013/04/28(日) 01:46:35.57 0
身バレするだろうけどいいや。 
子どもの頃は母親と二人で暮らしていて、いつしか知らないおじさんが時々家にやってくるようになり、知らない間に一緒に住むようになっていた。 
毎日のように虐待されていたからそのうち自分は死んでしまうのだろうなと思っていた。 
妹が出来てから特に自分だけ食事が出ないなど差別と虐待に拍車が掛かった。 

母親から自分はそのおじさんの子どもでは無く誰の子か分からないと言われ、戸籍にも父親の名前が無かったから、それでずっと虐待されていたんだと妙に納得した。 
お前は家族じゃ無いから家を出ていけと言われ続けていたから家を出て一人で生活を始めた。そしてそのまま絶縁。