お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

葬式

545: 名無しさん@HOME 2014/01/30(木) 02:40:49.97
長くなります、すいません 

とある年の夏に、俺の友達が死んだ。突然の心筋梗塞で倒れたということだった。 
本当に突然の事だったし、まだ歳も若かったので最初は冗談だと思ってしまった。 
けど、それは冗談じゃなくて事実だと知らされたとき、ショックを受けた。 
俺は新幹線の中で落ち込みながら地元に帰っていた。 

「何でこんな時に死んだんだろう」とか「いいやつだったなぁ…」という気持ちでいっぱいになり、 
もっと地元に帰ってその友達と遊ばなかったことを後悔し始めていた。実際、地元に帰って遊んだのは2回ほどだった。 
葬式には彼の親族と高校時代の友達、会社の同僚と思われる人物が何人か参列してた。 
勿論、そこには彼の嫁も。 

スポンサーリンク

464: 名無しさん@HOME 2013/01/24(木) 13:55:52.35 0
ひいじいちゃんが大往生した。 
ちなみに、自分の名前はひいじいちゃんから貰っているので、名前が似てる。 
一郎か一朗の違い。 
施設に入っていて、一緒に住んではいなかったけど、葬式をうちのじいちゃんが出すので、お悔やみ欄はうちの住所だった。 
自分はインフルエンザで学校を欠席してた。 

欠席中だけど、母ちゃんが学校に不幸があったので休みます。と連絡した。 
受けた事務の先生が気を利かせて、お悔やみ欄チェック。 

248: おさかなくわえた名無しさん 2008/05/13(火) 18:38:57 ID:ZBBaZt1B
隣に住んでた20代の男性(仮にAさんとする)は闘病中。 
いつも車いすで公園に散歩に来られていたが、 
毎回、50代後半くらいのちょっとケバイ女性と一緒。 
かわった雰囲気のヘルパーさんだと思ってた。 

先日、そのAさんが亡くなり、近所で葬儀が行われた。 
そこに現れたのが、あの50代女性。  

338: 名無しさん@HOME 2012/07/21(土) 00:03:58.98 0
父方の祖父が亡くなった時、私と母は遺族席?には座らされなかった。 
一般席に自然と座ることになった。 
その時点で母はちょっとお怒り状態。 
遺族席には伯父家族と父が座った。 
祖父が寝たきりのときは伯父家族は仕事を辞めさせてまで母に介護をさせた。 
父も「兄貴が言ってるから…」と母を庇うことはせず。 

自分もよく覚えてないんだけど、葬儀が終わって祖父の家で伯父家族とゆっくりしていた時だったと思う。 
母が「私の仕事はもう終わりで良いですか?お義父さんも亡くなって葬儀も終わったことですし…」 
というとみんな「?」状態。 
 

168: 名無しさん@HOME 2013/04/22(月) 00:04:11.76 0
良トメが腰を悪くしてしまったので、亡くなった大トメの親戚の葬式に、代わりに出てくれないかと頼まれました。 
なんでも、若い頃にウトが亡くなり、苦労していた時にお世話になったのだとか・・・・・。 
確かに腰を悪くしているのに、新幹線に二時間程乗るのは大変だろうと思い、私は快諾。 

そして仕事の都合で行けない旦那の代わりに、当時大学生のコウトと共に参列する事になりました。 
(香典と共に帰りに美味しいもの食べておいでと、お小遣いまで貰っちゃいました)  

714: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/08/22(土) 21:10:53.88
大学三年の時に入ったゼミに、当時修士の一年だった嫁がいた 

三年の夏にお袋が死んで、なぜか全然悲しくなくて平然としてたらみんなドン引き 
そんな中で嫁が俺を呼び出して、この人も説教するのかと構えてたら 

「今は平気でも何ヶ月か何年か先、お母さんが亡くなったのが悲しくてたまらなくなることが必ず来る」 
「その時は私を頼りなさい。遠慮しなくていいから」 
て連絡先渡された。新手のナンパ?やっぱりヘンな人だなーとか思った 

786: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2005/03/29(火) 12:45:05 ID:ukPeOdoV
306 名前: 名無しサイタマン 投稿日: 2005/03/28(月) 19:51:31 

4歳の頃、祖父がしんだ。 
葬式に出て出棺の時に「これからどこに行くの?」と 訊ねた私に、 
「おじいちゃんを焼きに行くんだよ」と父。何の事だかさっぱりわからず寝てしまい気が付くと 家に。 
しばらくして「ご飯よ」と母。で、その時のメニュー が豚の生姜焼き。 

急に感極まった父が泣きながら食っているので、 
その肉を間違いなくおじいちゃんだと思って食べはじめた私。