お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

結婚式

453: 名無しさん@HOME 02/06/22 12:02
デキコン義妹の結婚式で。 
ふだん人格者ぶってでデカいことばかり言ってる姑ですが、 
見事にボロが出てすげーワロタ。 

式場につくまでは大いばりで服装から何から口を出し、 
「くれぐれも○○(義妹)や私に恥かかせないでよ!」 
なんて言ってた姑の服装が一番ヘン。 
まだらにスパンコールがついた瀕死の雌鮭みたいな悪趣味スーツ(本人は上品だと思ってる)。 
義妹夫のお母さんの上品なスーツの思い切り引き立て役。 

スポンサーリンク

675: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)10:13:57 ID:Wud
文章力なかったから箇条書きにしてみました。
・私の祖母は昔のデヴィ夫人のような美人
・私&兄と兄弟のように育った従兄弟は祖母の血を色濃く受け継ぎ美男
・私の兄は顔が大きく堀が深くあだ名はモアイ

・従兄弟が渡辺直美そっくりな女性とデキ婚
・従兄弟嫁は美男の従兄弟とモアイの兄を比較し兄sage
・そのうち死ねとか言い出す
・私と兄が復讐を計画

166: 愛と死の名無しさん 2011/02/20 20:53:36
初めてなのでわかりずらかったらごめんなさい。 

2~3年くらい前、新婦友人として結婚式・食事会に参加した。 
式最中やたらと新郎友人(複数)が野次をとばすな~とは思ってたんだけど、とりあえず無事に式は終了。 
会費制の食事会で新婦友人たちと座っていたら、新郎友人が次々とナンパ開始。新郎新婦が入場するまでナンパは続けられた。 

229: 愛と死の名無しさん 2011/04/20(水) 19:14:01.19
新婦が不幸だった結婚式 

両親への手紙を新婦が読みあげているときに 
「ぶぼぅぅ!」と静かな空間に屁の音が響いた 
あまりの爆音に会場がシーンと静まり返った  

71: 愛と死の名無しさん 2011/05/21(土) 23:25:41.50
子供嫌いを治すカウンセリングとかあるんだな… 
そこまで努力してる人間に対して、 
子供嫌いのアテクシに気を使って当然! 
なんて印象持てないけど 
トラウマに本格的に向き合うって、並大抵じゃないよ  

908: 愛と死の名無しさん 2010/09/04(土) 14:50:35
微笑ましくもあるけど、雰囲気が微妙だった式 

うちの職場の女上司(当時36歳)の結婚が決まった。 
招待されたのは上司の上司以外は同じ係の私と私の先輩だけだった。 
…が、突然隣の席(=隣の係)にいるA君が「いいなー。俺も結婚式いきたいなー」と声かけてきた。 
上司が苦笑いしながら「A君は隣の係だし、人数制限もあるからごめんね」と言ったのに 
「えええええ。俺もお祝いしたいっすよ。上司さんのこと好きだったから、諦めるために招待してくださいよー」 
さすがに無理だよ、と笑い飛ばしたんだけど、このA君、直接新郎(同じ職場の違う部署)のところにまでいって
何と新郎側招待客名簿に加えてもらった。 

(余談ですが、A君は確かによく上司のことをタイプだ、結婚したい、いや、結婚してください、と 
飲み会の席なんかで言っていて、ちょっと本気なのか?と思う部分はあった。)  

401: 1/2 2010/08/20(金) 15:50:40
長文失礼します 

このあいだ、異性の友達の結婚式に行ってきた。 
友達は新郎。 

結婚前からいつもいつも彼女の愚痴を電話で聞かされてた。 
愚痴の内容は 
・彼女が前の彼氏とホテル行ってた 
・しかもヤキモチ焼いてよと、自慢げに彼女に言われた 
・彼女からメールがきたら5分以内に返事返さないと怒られる 
・でも自分から送ったメールは返事が来なかったりする 
・たまに彼女が音信不通 
・束縛が激しいけど、彼女は遊びまくってる  

734: 愛と死の名無しさん 2010/02/21(日) 18:07:45
友人のおひろめパーティー(会費制・レストラン)で司会を引き受けた。 
新郎母が息子ラブ光線出しすぎて微妙な雰囲気。 
隙あらば新婦も介添え人も押しのけて新郎にべったり(新郎父は故人) 
新郎は抵抗するけどおめでたい席で…みたいな親戚の圧力で強行にはできず 
新婦の顔は引きつるし招待客は新郎から目を逸らすし…  

374: 愛と死の名無しさん 2009/11/25(水) 10:50:34
本当に私だけが不幸だった結婚式。長文です。 

入社したての頃、職場先輩(新郎)の式に招かれた。 
新郎は若手ながら大きな仕事を任される、将来の幹部候補。 
披露宴も盛大で、順調に成功の階段を登っているなあという感じだった。 

それが、式をひと月後に控えた日曜日のこと。不意に新郎弟から電話が入った。 
実は新郎弟とは高校・大学の同級生、卒業後も偶に飲む仲(今は疎遠)。 
だから気にせず電話を取ったのだが、様子がおかしい。 
やたらとある同僚女性について訊いてくる。  

390: 愛と死の名無しさん 2013/12/12(木) 00:27:02
先日思い出した、会社の後輩(♀)の不幸な結婚式。 

美人で有名な後輩が結婚するとなって、わくわくしながら出席した。 
多少新郎側の出席者が少ない気もしたけど、気にならない程度。 
新郎新婦は美男美女、式も滞りなく進み、披露宴の余興も押し付けがましくなく、とても良い式だった。 
途中まで。