お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

生徒

289: おさかなくわえた名無しさん 2005/11/03(木) 02:54:08 ID:GwkuYMf2
ちょと長文になっちまう&自分の武勇伝じゃあないが…一つ投下。 

ある授業中のこと(私は女子大の学生です)。授業中、私の後ろに普通の喋り声で 
ずうっと喋り続けている派手な女2人組がいた。教授も一度注意したものの 
話し声が止まないのを見て、もう見て見ぬフリを決め込むことにでもしたのだ 
ろうか二度目の注意はする気配がない。決して広くない教室の授業にも関わらず 
2人組は喋り続けていた。  

289: なご? 2006/08/02(水) 22:47:39 ID:lKPzNsA0
今日の和み投下。 

自分の大学のアメリカ人の教授がこの夏再婚するので(大学生の息子さんがいる)今日お祝いの食事会があった。 
仮に名前をリサとしよう。 
クラス持ってもらってる20人弱で飲んで食べて大騒ぎ。 
リサの食事代はみんなで持った。  

898: 愛と死の名無しさん 2011/04/10 01:55:04
友人(新婦)が高校時代の先生と結婚式を挙げたときのこと。 
二人は教師と生徒の関係だった頃から付き合っていて、友人が短大を卒業した年に式を挙げた。 
披露宴には、ありがちだが歌を贈るために新郎のクラスの生徒たちが来ていた。 

定番のてんとう虫のサンバの後、それぞれが色の違うポンポンを持って 
「祝」の字を作るなどいかにも高校生らしいお祝いをしてほのぼのだったが、 
〆の挨拶にマイクをとった子(牧瀬里穂似だった)がいきなり泣き出し 
「ごめんなさい先生、私やっぱり先生のこと好きです。結婚しても諦められません!」 
としゃがみ込んだところで空気が一変。 

54: 名無しさん@HOME 2011/04/07(木) 10:02:07.73 0
ああ…。 
同じような修羅場高校の時あった。 

クラスの女子なんだけど、妊娠しちゃったのを気づかず、自宅で生んじゃったんだ。 
体育とかも全然普通にしてたから誰も分かんなかったみたい。 
で、相手が先生だったからもう、それはそれは大変なことになった。 

1: 名無しさん@おーぷん 2014/09/18(木)23:13:58 ID:4pN5vC7S0
警察呼ばれて両親にメチャメチャ怒られて謹慎中(;つД`)

2: 名無しさん@おーぷん 2014/09/18(木)23:14:43 ID:wo9rZRRMO
そのこころは

4: 名無しさん@おーぷん 2014/09/18(木)23:15:38 ID:S7VtynDEM
よぉメンヘラ

5: 名無しさん@おーぷん 2014/09/18(木)23:15:47 ID:H2XvHshsn
まあ、職務に支障を来すからな
下手するとハンザイ者だし 

183: おさかなくわえた名無しさん 2010/01/25(月) 19:06:57 ID:3qKDhIkX
学生の頃、大学内でも有名なDQNと同じ授業で、いつもうるさくされていた 
この男、授業終了30分前に来て、持っているのはコーラのペットボトル1本 
それを持って一番前の席に座り、後ろを向いてしゃかしゃか振り、噴き出させて喜んでいた 
いい加減、無視するにも腹が立つし、先生が何も言わないので誰かが文句を言おうとした時、おもむろに先生、一言 

「僕は君が大好きだよ」 
その言葉に全員「!?」となった 

310: 恋人は名無しさん 2007/11/22(木) 23:58:25 ID:BzOCv85r0
高校時代のことです。 

私の友人A子は、部活の顧問である30代の教師Sと付き合っていた。 
S先生はA子に口止めしていて、二人の関係は秘密だと思っていたようだが 
A子の親友である私とBは二人のことを知っており、A子の恋愛の相談にも 
のってあげていた。 

ある日曜日、私とBが隣の県の遊園地に行ったとき、偶然S先生を見かけた。 
ああA子ときてるんだな、気づかないフリをしてあげなくちゃ、と思ったのだが 
よく見たらそこにいるのはA子でなく、A子の部の後輩K美だった。 

80: おさかなくわえた名無しさん 2006/10/25(水) 10:08:20
中学生の時、他のクラスの女子が 
うちのクラスのAという女子に手紙を渡しに来てた。 
そいつらは仲がいいのか、いつも手紙のやり取りをしていたので、 
その日も他の生徒は別段気にはしていなかった。 

他のクラスの教室に入るのをためらっているのか、 
その子はいつも、教室の入口で「Aちゃ〜ん」と声をかけ、 
腕を伸ばしてAに手紙を手渡す、という感じだった。