お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

泣ける話

992: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/01(土) 18:52:08
そうか、埋めついでに書き逃げしよう 

中央線の某駅の改札を出て、さあ家に帰ろうかという時、 
見知らぬ小柄な女の子が「おーそーいー!」と急に腕にしがみついてきた。 

急な事で混乱してしまい、ムネ当たってるとか人違いで痴漢容疑者とか考えていると 
「もー、ナンパが寄ってきて大変だったんだから!」彼女の後ろにはコテコテのB系野郎。 
彼女はそのBボーイ(歳がバレる)に「という訳でごめんなさい」と頭を下げ 
ほら、行こ行こ!と私の腕を引っ張った。Bボーイは舌打ちして帰ってった。 

スポンサーリンク

12 :1/6 :2009/04/16(木) 20:15:02.43 ID:okCjfRgL0 
587 :専守防衛さん :2006/03/01(水) 14:34:31 
一昨年の夏、私は息子(5歳)を連れて家から車で1時間のところにある、 
自然博物館の昆虫展に向かっていました。 
ムシキングの影響で息子はとても楽しみにしていました。 

あと数キロと言う地点で渋滞の最後尾に。 
止まった瞬間、ものすごい衝撃に襲われました。 
後方から来た大型トラックに追突されたのです。  

796: sage 2011/03/19(土) 19:50:00.37
流れ豚切って申し訳ない 
時効なので投下 (※長文) 

俺=新郎友人として出席した結婚式での話。 

新婦(21) 見た目DQN(式までにはまぁまともに見えるようにイメチェン) 
新郎(29) 超エリート・家も金持ち・×1で子持ち(3歳・娘) 

友人などから聞いた話だと、新婦が入籍を必死に急かしていたらしい。 
(なので結婚式前に入籍済み) 
新婦の見た目や高卒・片親(偏見スマソ)も手伝って金目当ての結婚か・子供を虐待するのではないかと 
新郎側親戚は微妙な空気だった。 
(新婦が子供なんか絶対に産まないと言い切っていたそうだ)  

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/12/18(火) 21:36:36.54 ID:OTG5zYfS0
今日よ 
俺の養父におとんって言ってやったんだよwwwwww 
そしたら養父がいきなり泣き出しやがったのwwwwww 
そしたらどうよ? 
俺もなんか突然泣き出しやがんのwwwwwwwwwww 
真冬の縁側で男二人が会話もなく鼻水だらだら流しながら泣いてんのwwwwwwww  

808: 名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)17:37:55 ID:vlv
結婚するとき、親友のAちゃんがテディベアのぬいぐるみをプレゼントしてくれた。
その友達、テディベア作りが趣味な人でウエディングドレス姿のを作ってくれて
それがすごく可愛くて、ケースに入れて棚に飾っていた。

あれから四半世紀が経って、現在私は認知症の義父を在宅介護中なんだけど
その義父が私が気付かないうちにそのテディベアをうちのトイプーにオモチャとして与えてしまった。
私が気付いた時には目と鼻がもげて片手が千切れていた。

592: 友やめ 1/2 2010/01/29(金) 09:28:21 ID:JO4yEy1vP
生活板のほうがいいのかもしれないけど、
うっかり思い出してムカついてしまったので吐き出させてください 

高校の時からのオタ友Aが兄と結婚した 
それ自体はめでたいな、というかいつの間にくらいの気持ちだったんだけど 
結婚した途端兄嫁という立場を振りかざすようになった 
「つわりかもしれないから家事やって(結局妊娠してなかった)」 
「イベント行けないから本買ってきて(20冊↑買わせておいて代金は支払わない)」  

913: 1/3 2011/01/25(火) 01:26:26 ID:wH3A9hfS
今日解決の連絡があったので、記念のカキコ。 

一ヶ月ほど前、夜行バスで旅行から帰ってきた。バスが思ったよりも早くついてしまい、 
まだ薄暗い道をカート引きずりながら、とぼとぼと歩いていた。 
途中、大きな公園があるんだけど、よく見ると幼児?らしき女児が一人でぽつんと座っていた。 

私の住んでいる場所は強盗や殺人も結構多く、最近それなりの頻度で事件になったりしている。 
不安になって声をかけてみると、この寒空に明らかにわかる薄着。 
唇も紫色になっていてガタガタ震えていた。 

664: 名無しさん@HOME 2011/07/21(木) 20:02:44.01 0
うちの父は私が物心ついた頃から鬱病で入退院を繰り返していました。 
当然まともな職につけるはずもなくずっと無職。 

私と兄と弟を食べさせて学校にも行かせてくれたのは母だった。 
母は美容師でしたが開業資金がなかったため(全部父の治療費と、私たちの学費で消えた) 
ずっと雇われでやっていました。 
美容師は若い子優遇で、店長でもない限り長くはやっていけない業界なのに 
母は私たちのため、同僚に笑われながらもずっと働いてくれていた。 

187: 彼氏いない歴774年 2013/03/10 15:21:15 ID:BNDbvZyC
大学2年の時にスーパーでバイトをしてた。 
そこで棚に商品陳列してる時に追いかけっこ?をしてた男の子(幼稚園くらい)が 
私にぶつかって来た。ぶつかってきたのは子供の方だけど、一応お客さんだし 
まだ子供だから「ごめんね。大丈夫?」と謝った。 

そしたら男の子は大声あげて泣き出して「痛いー!」だの騒ぎ出した。 
周囲のお客さん達も私とその子をジロジロ見てきた。  

905: 名無しさん@HOME 2013/02/08(金) 06:45:15.52 0
小学生の時に両親が離婚した。 
父は仕事柄数か月に一回しか帰って来ない人だったこともあり 
母が大好きで妹と一緒に、母に引き取って欲しいと両親に言った。 
けれども母は妹だけ連れて家を出て行き、私は父方の祖父母に引き取られた。
 
小学校から帰ったら、家の中ががらーんとして母も妹も居なくて 
泣きながら探したあの寂しさと恐怖は、いまだに夢に見るぐらいです。 
夜になって父方の祖父が迎えに来てくれるまで、数時間電気もつけずに 
暗い中じっとしていました。