お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

怖い…

6: 本当にあった怖い名無し 2009/06/03(水) 14:47:35 ID:0eKwJX+fO
昨日の事なんだけど。 
仕事が休みで山に一人で釣りに行って変な物見た。 

去年、一昨年に何回か友人や嫁と 
遊びにその川へ行ったんだけど、昨日はヒマを持て余してる友人もいなく たまたま一人で逝くことに 
10時に家を出て昼頃から釣り開始。 
夕方からかなり釣れだして、嫁には5時には帰るって言ってたんだけど 
夢中になりすぎて気付いたら6時過ぎだった。  

スポンサーリンク

232: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/20(水) 17:15:19 ID:NZdsK2Lv

長いや、ごめん。 

何年か前、今ほど携帯メールが普及してなかったころの話。 
高校時代の同級生(仮にA、男)から突然電話がかかってきた。 
同じく高校の同級生Bがジサツした。 
葬式は身内だけですましてしまったので、今度当時の友人たちで墓参りにいかないか。 
という内容だった。 

まさかBが!と驚いて「じゃあ次の日曜日にお墓に行く」といったら「土曜日にならない?」と聞き返された。 
土曜日も仕事なのでムリだといっても「有給とれない?」とか食いついてくる。 
そのときに少しおかしいな?と思ったが、結局日曜日に行くことに。 

1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)23:38:24 ID:kNh0mpNg5

「父さんの再婚相手な、大学生なんだよ」

 父の口からそれを聞いたとき、思わず鼻で笑ってしまった。
 つまらない冗談だと思った。
 それが本当のことだと、私が知ったのは今から半年前だ。

 夏には眠れない夜が、ふと訪れたりする。
 そして、そんな日は怖い話を聞いたり話したくなったりする。
 
 今日がまさにそんな日だ。

 怖い話が聞きたいって人は、よかったら私の話につきあってほしい。 

243: 名無しさん@HOME 2013/09/05(木) 19:32:47.53 0
家に帰ってきたら、ストーカーがクローゼットに潜んでたことと、 
その数か月後に道歩いてたらそいつが降ってきたことが修羅場だった。

244: 名無しさん@HOME 2013/09/05(木) 19:47:07.24 i
>>243 
詳しく!

245: 名無しさん@HOME 2013/09/05(木) 19:48:25.79 0
>>243 
テラ忍者wwwww 

883: 名無しの心子知らず 2012/07/05(木) 00:58:37.76 ID:wwOqm/tm
私(男)が大学生のとき、一つ下の妹と同じ大学で同じオカルトサークルで活動していた。 
 妹とはほとんど別行動をしていたのですが、ある日同じサークルの我々の先輩にあたる人が、 
ある事故をきっかけに特殊な能力を身につけた、という女性がいるという噂を聞きつけ、その 
取材に妹を連れて行こうと誘っていた。妹は先輩の様子から、単にその女性をからかうつもり 
で取材しようとしていることが気になっていたこともあり、私に同行を求めてきた。 

 取材の日、我々兄妹と先輩、先輩の恋人の四人で女性の家に伺った。なぜ、所在が分かった 
かというと、そもそも女性自身が、あるネット掲示板で噂を発信していて、先輩とは掲示板を 
通じて取材の段取りを打ち合わせていたのだ。 

127: 名無しさん@HOME 2012/10/13(土) 17:30:43.15
自分はマンションの10階程の高さの部屋住まいだけど 
ある日、子供の遊び声があまりにすごくて声のする外を眺めたら 
近場マンションの緑が植えられミニ公園みたくしてある屋上で 
子供たちが遊んでるのが目に入った 

そこはよく子供が遊んでるし、単に今日は人数が多いなーと 
思ったけどすぐ違和感に気づいた 
柵の外の出っ張り部分に出て遊んでる子供が複数いた 
しかも出っ張りの段差がある箇所に飛び降りたりしてる 

189: 恋人は名無しさん 2010/06/19(土) 20:52:37 ID:KWHRAzYa0
数年前の話。 
いきなり元彼からメールが来た。 

「私子、元気か? 
つらいことあったんじゃないか?ちゃんと食べてるか? 
お前のことがすごく心配だ。 

やっぱりお前俺のことまだ好きだったんだな。 
わかってたけど、お前の愛の強さがそこまでだったとは 
正直とまどってる。 
お前はもっと自分の気持ちを押しコロしてしまうタイプだと思ってたから。  

609: 彼氏いない歴774年 2011/09/01(木) 22:25:15.43 ID:/aoQhL1h
幽霊を見た?こと 

予備校から帰ると、一階は真っ暗なのに二階に電気ついてる部屋がある 
母は家族全員帰ってくるまで、リビングの電気は付けて(何年か前だから節電の意識はあまりなかった、すまぬ) 
二階で洗濯物畳んだりするので、あれと思い階段の辺りからお母さんと呼ぶと 

「だあれえ」と返ってきたので、ちょww娘にだあれってあんたwwと思いながら 
喪子と答えると「喪子おいでえ」と母が呼ぶ 
私は家では名前ではなく、ちびでぶちゃんという愛称で呼ばれていたので、?と思っている間にも母はずっとおいでおいでと言い続ける  

659: 名無しの心子知らず 2013/08/06(火) 18:44:28.00 ID:wZ9CdhWh
以前俺が住んでたアパートの近くに当り屋をやってたキチママがいた 
(以下Aママ:年齢は30代後半ぐらい) 

当時大学に通いながら一人暮らししてたんだけど、そのAママとは何回か道で顔を合わすこともあった。 
「あら〜こんちにわ〜」とか普通に挨拶もしてくるんで、そん時は別にキチとは思ってなかった。 
アパートの隣に住んでた仲が良いおばさん(野菜を貰ったり色々世話になってた)によると 
どうもかなり前に離婚して、子供を一人で育ててるらしい。 

567: 名無しさん@HOME 2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
義弟嫁から「実家からたくさん桃が送られてきたけど、量が多過ぎて車の無い自分じゃ運べない、 
義実家にもついでに届けてくれないか」と電話があった 
桃大好きヒャッホー!と思って二つ返事で了承して義弟家に向かい、 
「手が離せないからそのまま入ってきて」と言われたのでお邪魔しまーすとスキップ交じりに上がってリビングへ 
そこで返事がないことに気付いて「?」と思ったのとほぼ同時、 
浮かれて片足も浮かせてたんだけど、その軸足を思いっきり前に引っ張られた 

引っ張ったのはテーブルの下に隠れていた義弟子(5歳男・関脇)、 
私は盛大にお尻と肘を打って思わず仰向けになって悶絶 
この時点で義弟子の仕業とは気付いてなくて、何が起こったのか分からずただ痛くて痛くて涙浮かべてたら、 
「ドーン!!」という楽しげな声と共に胃の辺りに衝撃!!