お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

家庭教師

290: 名無しさん@おーぷん 2014/05/19(月)18:36:27 ID:???
友人から聞いた話。
友人は、地元では老若男女誰もが知ってる偏差値70近い高校に入り、大学も超名門。大学生の時、家庭教師のバイトを始めた。

小〜中学生を何人か受け持っていた中に、Aという中学2年の生徒がいた。
A母の希望は、友人の出身高校へ入学させたいとのこと。
肝心のAの学力といえば、自分の名前をローマ字で書けないレベル。九九も怪しい。

勉強への意欲もなく、友人が授業のためA宅訪問→A母「熱があって寝込んでる」→A部屋からギターの練習音、等々。

スポンサーリンク

159: 名無しの心子知らず 2009/09/20(日) 17:20:44 ID:XxJchbdW
引っ越し先のセコ奥話 

先日引っ越しをして、A、B、C奥と知り合った。皆いい人でよくお茶等に誘ってくれて仲良くなった。 
ある日のお茶会で、偶然セコ奥が店に来て強引に入ってきた。 

それでお茶中に 
セコ「貴女は何か資格とか免許あるの?」 
B奥「ちょ……セコ奥さん、初対面なのに失礼でしょ?」 
セコ「聞くくらいいいじゃない。ねぇ私さん」 
私「(何故いきなり?)え……ええ、教員免許と危険物持ってますよ」 
後々考えたら、この時私が空気読んではぐらかせばよかった。