お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

子供

448: 名無しさん@HOME 2007/10/29(月) 22:46:01
流れを豚切りして我が家のおトメ様。 

「お腹もみ/もみ便秘持ち〜凝りをとりとり開通よ〜」 

嫁子が末孫をベビーマッサージをする横で、飼い猫を仰向けにして、腹周りをもみくちゃにして、仲良く戯れていらっしゃいました。 
嫁子は大笑い、孫も釣られて大笑い。 
トメさんも笑顔で上機嫌。 
歌詞は創作なんでしょうが、メロディーは何か聞き覚えがある。 
元ネタが気になって仕方がない嫁子です。 
頭から離れないよ〜 

214: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2015/01/28(水) 21:42:13
息子と「今日の夜ご飯何にしようかー?」と話していたら、息子が『焼きおにぎりがいい!!!』と言った。 
焼きおにぎりなんて食べさせたことないのになーと思って聞くと、学童でおやつに焼きおにぎりが出て気に入ったらしい。 

65: 1/3 2015/05/20(水)21:54:05 ID:1TQ
流れは読まない。やっと縁が切れたから吐き出したい。
夫の駐在で、東南アジアの某明るい北朝鮮に住んでた。
日本人もそれなりにいるけど、日本人ばっかりってほどでもない、
トラブルの少なさそうなコンドを選んで住んでた。
熱帯だから殆どの物件に大きなプールがついている。

そこの日本人ママで、有名なひとがいた。Aとする。
Aは小学生の子供をスクールバスに乗せてたんだけど、送り迎えにかなりえぐいミズギで出て来る。

415: 名無しさん@おーぷん 2015/09/18(金)11:48:24 ID:PO5
一昨日出張がやっと終わり、4ヶ月ぶりに旦那が自宅に帰ってきた。
パパ大好きっ子の息子を驚かせるべく、息子には内緒で旦那と幼稚園のお迎えに行った。
お迎えに行くとパパを見つけた息子大興奮。
息子「パパお仕事もう行かないの!?(・∀・)一緒にお風呂入れるの!?(・∀・)」
旦那「もうお家に帰ってきたぞー!しかも1週間はパパお休みだからずーっと遊べるぞー!」

169: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2014/05/28(水) 09:24:00
某羊の国在住です。 
牧歌的なこの国にも、ギャングが存在していて、「牙を剥いたブルドッグ」をシンボルとする彼ら、ドラッグ関連のイザコザやら発砲事件などで、時折ニュースを賑やかしています。 

ある日、息子を抱いて、郵便局の列に並ぶと、前に立つ体格のいいおじさんのジャケットの背中に、それはそれは立派なブルドックの刺繍。 

85: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2014/08/19(火) 20:23:53
お盆に久しぶりに帰省。 
お宮参り以来会ってない孫を連れてだったのでウキウキのトメさんやコウトコトメちゃん。 

ウトさんは良ウトさんなんだけど、亭主関白と言うか…頑固親父風を吹かしてると言うか…。 
キャッキャして孫を抱いている良トメさんを見ながら腕組みをして立っているだけ。 
我が子もあやした事のないウトさんなので、抱っこも全然しなかった。 

777: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/19(水) 10:23:41 ID:12+galYs
弟が2歳くらいの頃の話。 
弟の友人にAくんという男の子がいた。弟とAくんは保育園の同級生。親同士でも仲良かった。 
Aくんの両親は医者で、お父さんは市民病院の外科医、お母さんは婦人科医だった。 
特にお母さんは結構有名な女医で、20代(?)のうちに開業医になった凄い人だ。 
だけどやはり忙しいから、Aくんの送り迎えは全てお婆ちゃんが行っていた。 
Aくんはお母さんが大好きだったんだが、不規則な勤務が続いて、Aくんに会えるのは週2,3回…という時もあったそうだ。 
発表会の頃もそんな感じだったらしいんだけど、A母、夜勤明けではあったが発表会の日に何とか休みを取ることが出来た。 

118: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2005/12/25(日) 18:36:06 ID:O2fnpNrf
クリスマスなごりのなごみ。 
近所の小さなケーキ屋さんに、値崩れケーキを期待して行った。 
小さなおさいふを握り締めた幼い兄妹が私の直後にやってきた。 
「クリスマスのケーキはまだありますか」と言うお兄ちゃん(1年生くらい)の横で 
妹は「ねえサンタさんは? サンタさんもういないの?」と泣きそう。 
昨日は普段奥の厨房にいる旦那さんがサンタコスして 
子供に風船渡しながら売ってたからだと思う。 
お兄ちゃんが「もうクリスマスが終わるから、サンタさんは外国に帰ったんだよ」 
と一生懸命宥めるけれど、妹はしくしく泣き出してしまった。 

129: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2006/02/02(木) 23:05:41 ID:jOJlo+F6
なごむかどうかわからないけど投下してみます。10年ほど前のまだ学生だった頃、 
夫婦だけでやっている小さな店でバイトしていた時の話です。 
ある時、店の娘(当時4才♀おさげ)が私の上着のすそをひっぱりながら 
「ねえ、う○ち、ねぇ、う○ち」と何故かうっすら目に涙をためながら 
リピートで訴えてきた。連れて行けということらしい。(当方女です) 
たまたま店には私1人しかいなく、仕方がないので、店を一時的にクローズして 
すぐ近くのスーパーのトイレへ連れてった。 

699: 名無しさん@おーぷん 2016/06/30(木)15:48:36 ID:uHX
あまり修羅場じゃないけど、お茶請けにほのぼのとした話を一つ

台所で茶碗洗ってたら、隣家の庭から草刈り機のエンジン音が聞こえてきた
隣家の人が庭の草刈りを始めたんだな〜と思ってたら、それと同時に『がんばれ〜!がんばれ〜!』という幼児の声援が聞こえてきた