お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

妊娠

928: 名無しさん@おーぷん 2015/01/17(土)14:02:23 ID:7Ai
先週たまたま実家に帰ったら義理の姉(兄の嫁)がトイレで吐いてるのを発見した。
そういえば脂っぽいもの食べなくなったし嫌いだと言っていたはずの野菜を食べていた気がする。
ひょっとしておめでたですか?と聞いたら青ざめた顔をしたので何かまずいのかなーとか経済的に大変なのかなーとかそのくらいにしか思ってなくて出来るだけ協力するから頑張って下さい!と応援してその場は終了した。

スポンサーリンク

188: 名無しさん@おーぷん 2014/06/08(日)18:17:17 ID:fOj8N4N35
むかーし子供が出来たら彼に捨てられた。
避妊はしてたんだけど、色々甘かったんだろうな。
産む産まない、将来とかそういう話以前に、彼は逃げた。
音信不通。何度かアパートに行ったが居らず、すぐ引っ越された。 

891: 名無しさん@HOME 2007/11/07(水) 19:45:33
物凄くなんて言うか狂った話だけど。 
5年前、私の生んだ赤ちゃんが約半年で死んだ。 
死因は、先天性の心臓疾患。 
長くないって言われてても、私ら夫婦は頑張った。 

トメは「どうせ死ぬんだから!」って言って、顔も見せてくれなかった。 
別にそれはどうでも良かった、だって、邪魔者がいないんだもん。 
半年で赤ちゃんは天に昇ったけど、本当にこういうのもなんだけど 
楽しい半年だった。 

244: 名無しさん@HOME 2007/06/01(金) 19:17:25
微妙にスレ違いな気もしますが聞いてください。 

先日、トメの乳がんが見つかった。 
本人まったく自覚なしで、ドッグで見つかったくらいの超初期だけど 
場所が悪く乳房切除の手術をすることに。 
病院から指定された手術時期が、弟嫁の出産予定日の直前。 

産後凸される心配なくてラッキーじゃん。と最初は思ったけれど 
息子ダイチュキのトメは息子2人に、当日付き添いをしてほしいと言い出した。 
「家族の紅一点、愛されるママン。それがワタクシ♪」 
って人なので、この緊急事態には絶対に駆けつけてほしいらしい。 

594: おさかなくわえた名無しさん 2009/06/11(木) 10:57:42 ID:sBkUjQS7
ちょっとアレな話なので、登場人物等ぼかして書くね。 

友人の兄ができちゃった結婚をした。 
友人の父は、相手の娘さんや娘さん家族に謝罪したけど 
母は、兄の結婚に反対したけど、できたものは仕方ないで結婚。 

そして、友人兄の奥さんが出産、できた子のDNA鑑定を執拗に薦める友人母。 
最初は、DNA鑑定を薦める友人母を誰もが冷たい目で見て、友人兄奥優位だったけど 
母の気が済むのなら、もう兄夫婦に関わらないという条件で、DNA鑑定を病院に相談に行こうかと 
していた矢先、今度はあれほど優位に立っていた友人兄奥が顔面蒼白になって 
DNA鑑定だけは止めてくれと、言い出した。  

648: 名無しさん@HOME 04/08/30 14:26
私じゃなくて実母なんですが。 
最初の子を出産前後、いまだ「いい嫁」したいと無意識に思っていた私は、産後も、里帰りせず、旦那と賃貸でがんばることに。 

近居のトメは張り切って「孫ちゃんの世話ならまかせて」と言ってた(いまならゴルァできるのだが) 
出産前から、トメの毎日の電話攻勢、あれ食べろ、これしろ、するな、でノイローゼ寸前、ただし当人には自覚なし。「お義母さん 
も好意で言ってくれてるんだし」と(当時の私のバカバカ) 
ただ、出産間際、実母が「ほんとに大丈夫なの?」と電話かけてきたとき、「大丈夫大丈夫」と言いながら、涙がこぼれて、「あれ、あれ?」と涙声で母と応答していた。実母はそのとき、やばい、と思ったらしい。  

567: 名無しさん@HOME 2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
義弟嫁から「実家からたくさん桃が送られてきたけど、量が多過ぎて車の無い自分じゃ運べない、 
義実家にもついでに届けてくれないか」と電話があった 
桃大好きヒャッホー!と思って二つ返事で了承して義弟家に向かい、 
「手が離せないからそのまま入ってきて」と言われたのでお邪魔しまーすとスキップ交じりに上がってリビングへ 
そこで返事がないことに気付いて「?」と思ったのとほぼ同時、 
浮かれて片足も浮かせてたんだけど、その軸足を思いっきり前に引っ張られた 

引っ張ったのはテーブルの下に隠れていた義弟子(5歳男・関脇)、 
私は盛大にお尻と肘を打って思わず仰向けになって悶絶 
この時点で義弟子の仕業とは気付いてなくて、何が起こったのか分からずただ痛くて痛くて涙浮かべてたら、 
「ドーン!!」という楽しげな声と共に胃の辺りに衝撃!!  

626: ◆0XAwoSoV4c 2012/04/08(日) 11:31:30.00
会社の先輩(女性)が珍しく落ち込んでいたので 
気になって声をかけたら、元ダンナさんから手紙が届いたとのこと。 
あーそれ、ロミオメールって言うんですよと、歴代の傑作をいくつか紹介したら、 
「そうかぁ、笑い飛ばせばいいのね!」と、スッキリしてくれた。 
で、先輩のところに来た手紙の一部を、ご本人の許可をもらって晒します。  

983: 名無しさん@おーぷん 2014/10/18(土)20:33:46 ID:LIhvmXC9q
ちらっと書いとく。

もう4年前の事だけどその当時私の妊娠が発覚してみんな喜んでくれてた。
この妊娠は旦那にある条件を出した上でのものだったのね。
私、生まれつきかなりレアな持病があって(特定されちゃうから病名は出せないけど)、出産時に命が危ういような状態に陥る可能性がかなり高いから、もしそうなった場合には必ず子供の命を優先する事って条件を出して旦那が飲んだから子供を作ったんだ。

妊娠期間中は特に問題無く過ごしていざ出産となったのだけど心配は的中。
やっぱり持病の関係で私の心拍が下がったため、子供の方も危険な状態に。 

400: 1/4 2008/04/05(土) 13:04:27 ID:JvtVosCW
長い話だけれど聞いてください。 
5年目に突入した勘助の話。 

姉が二人め(姪)を出産し、退院することになった当日に勘助と遭遇した。 
実家の母と私で姉の上の子(甥)を預かっていたため、退院当日も私が甥を連れて行った。 
姉は母、義兄とともに病院で挨拶をしていて、私は甥と外で待っていた。 
そこへ勘助が登場し、いきなり身内のように振る舞い出した。 

誰かと間違えているんだろうと、違いますよと話していたところへ姉が出てきた。 
その途端、姉の名前を呼び捨てにして駆け寄り、俺の子どもを産んでくれてありがとうと言いだした。