お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

オカルト

236: 名無しの心子知らず 2010/10/07(木) 16:17:15 ID:f9+t+mgJ
託児じゃない上、放置子だったのかも分からないんで、微妙ですが… 
しかも初書き込みなんで、読みにくかったらごめん。 

数年前、お盆の時期に、自転車で遠出した時の事。 
当時友達は、お盆で実家帰ってたりで、特に遠方に実家のない自分は、 
暇をもて余し、数駅先のショッピングモールに行ってみる事に。 

スポンサーリンク

435: 恋人は名無しさん 2010/02/16(火) 20:00:46 ID:gqaaJ0Je0
プチ修羅場。もう時効だしいいだろ。 

A子…主役。温水をBMI30にしたような女。超自信家 
B子…A子と同じクラス。広末系 

A男…A子の標的 
B男…B子狙いの男 
俺…あんま関係ない 

全員同じ大学の同じサークルで、1年生。 
みな基本的に地味系な奴らばかりなのだが大学入学で浮かれて 
彼女・彼氏欲しいな〜というモードになっていた。 
んで俺らとまっさきに親しくなったB男がB子を好きになり 
「B子と仲良くなるきっかけを作ってくれ」と言うので、よく上のメンバーで遊んでいた。  

29: 匿名 2014-04-02 22:38:33
私たち夫婦は結婚してから10年以上ずっとマンションに住んでいたのですが、夫が犬を飼いたいといい始め土地つきの一戸建ての家をさがすようになりいました。農家の次男として育った夫は花や野菜を作るのが好きなので庭が広い家がいいと思っていたのですが、そうなると自然と値段も高くなってしまい、なかなか条件に合う家を見つけることができませんでした。

そんなある日、夫が庭が広く平屋のかなりいい家がついている物件が見つかったからぜひ買いたいと言い出したんです。それで日曜日に夫婦で見に行ってみたのですが、日当たりもよく100坪はある土地に立派な庭までついていて、家も古い平屋ながら4LDKはあります。 

609: 彼氏いない歴774年 2011/09/01(木) 22:25:15.43 ID:/aoQhL1h
幽霊を見た?こと 

予備校から帰ると、一階は真っ暗なのに二階に電気ついてる部屋がある 
母は家族全員帰ってくるまで、リビングの電気は付けて(何年か前だから節電の意識はあまりなかった、すまぬ) 
二階で洗濯物畳んだりするので、あれと思い階段の辺りからお母さんと呼ぶと 

「だあれえ」と返ってきたので、ちょww娘にだあれってあんたwwと思いながら 
喪子と答えると「喪子おいでえ」と母が呼ぶ 
私は家では名前ではなく、ちびでぶちゃんという愛称で呼ばれていたので、?と思っている間にも母はずっとおいでおいでと言い続ける  

783: 名無しの心子知らず 2013/08/06(火) 18:46:32.00 ID:hrcIjOVq
板違いかもだが、ふと思い出してしまった。吐き出させてください 

10年くらい前、○営住宅に旦那とまだ幼稚園だった娘との三人で住んでた時の話。 
ご近所さんみんないい人だったんですが、一人だけキチというかちょっと妙な人がいました。 
仮にここでは以後Aとします。 

Aさんは、いつもすごく綺麗な服で着飾っていました。挨拶も普通にするし、言葉遣いとかも上品な人なんですが、常にその腕にはヨーロッパ系の人形が。 
で、人形にいつも話しかけている。 
「ニンギョーちゃん、泣かないで」 
「よしよし、ニンギョーちゃんはいい子ね」と。 

405: 名無しさん@おーぷん 2014/06/23(月)17:41:28 ID:Mgygi181o
ジュリメールになるのかわからんが。

俺は12年前に嫁と娘(10歳)を事故で亡くした。
犬の散歩中にコンクリートミキサー車に突っ込まれた。
運良く犬だけ生き残り、警察に保護された犬の顔を見て大泣きしてしまったよ。こいつら嫁と娘がぐっちゃぐちゃになる所を見てるんだ。 

俺と息子(9歳)と犬でしばらく泣きながら暮らした。俺はちゃらんぽらんながらも親だから、息子の傷ついた心を癒そうと必死になっていたときにジュリからメール。


706: 名無しさん@おーぷん 2014/12/07(日)14:18:44 ID:15w
子供の頃の話だけど、俺は小5ぐらいの時に今で言うとこの厨二病を発症しててな。
心霊特集とか、幽霊大集合!みたいな文字の踊る本を読み漁ったり、霊感を開花させる儀式なんかをくそ大真面目にやったりしてたよ。

ある日の夜、いつものように21時には母ちゃんにベッドに強制収容され親父母ちゃん妹は寝室へ行った。(3人は同じ部屋で俺だけが別の部屋で寝てた。)
だが厨二病な俺は「太陽が眠ったこの時間からが霊達の領域だ!」と、こっそり起きてて懐中電灯で本を呼んだり降霊術をやったりして深夜12時〜1時あたりまで起きてたんだ。
「今日も降霊は失敗か…。」とベッドに入りうとうとしていると何か違和感を感じた。 

701: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/25(日) 23:15:54
706 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/24(土) 03:59:06 
うちの父と母は同い年で、生まれた頃からの付き合いだったというのおさななじみ 
20の時に結婚したって話だから、ゴールまで20年というそれこそ大恋愛の末に結婚したそうな 

いい年こいたおっさんとおばさんがそのへんのバカップルよろしく茶の間で四六時中 
イチャイチャしてるような環境で育ったおかげでちょっとやそっとの下世話な話や 
街中で平然と抱き合うようなバカップルでも全く腹が立たないのは、 
まあ教育のたまものともいえるかもしれないな・・ 

82: 本当にあった怖い名無し 2009/04/30(木) 13:22:58 ID:HNzfytBwO
長文スイマセン。 

昨日の夜、風呂に入ったらなぜか風呂場の空気が重い&ワキガ・足臭い&加齢臭。 
うっわ~これは絶対何かいるよ。怖いなぁ臭いなぁ…とgkbr 
でもここで舐められたら負けだ!と奮い起ち、塩浴用の塩を手に取り「キシャー!!!」と叫びながら風呂場に撒く。 

438: 名無しさん@HOME 2012/10/31(水) 22:31:24
朝目が覚めてふと横を見ると 市松人形の顔があった。 
ベッドの枕元に市松人形の頭部があって、なんとなく目が合ってビックリした。 

オカルトかと思ったが、前の晩、ベッドの横の箪笥の上に自分で置いたのを思い出した。 
あと、真夜中寝てる最中、なぐられたような衝撃があったような気がすることから、多分落ちてきたんだと思う。
ダラダラな性格なんで、壊してしまった人形をすぐ直すのが面倒でなんとなく箪笥の上に置いた。