お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

いい話

460: なごむ 2011/03/19(土) 22:06:31 ID:R0EtLyuyO
震災で伯父が被災。 
幸い無事で避難所にいる、と電話があったのだが、その時伯父から 
「知らんバアサンと避難所で話したら、お前らと同じ市内に息子がいるらしい。 
バアサン身体悪くて電話並べないから、連絡先聞いてきた。 
今から読み上げる電話番号にかけて、命に別条は無く生きてるって伝えて欲しいと頼まれた」 
と言われた。 

919: おさかなくわえた名無しさん 03/06/28 14:50 ID:8EmtfAiS
ちょっとした病気で体が弱かった俺。 
体力をつけるリハビリの為、公園をテクテク歩いているといつものように眩暈。 
それがちょっときつかったんで、ベンチでぐったりしてたら「あい」と言う声と共に小さな手が。 

962: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2005/11/09(水) 13:02:28 ID:9HBgESOw
2ヶ月くらい前、近所のおばあさんが亡くなった。 
別に付き合いはなかったけど、鯨幕を見たのとマンションの階下の奥さんの話で知った。 
(おばあさんの孫と階下宅の長男が同級生) 

お葬式から3日後くらいの夕方、マンション前の空き地でキャッチボールをしている 
制服姿と普段着の2人を見かけた。 
普段着の方はおばあさんの孫だった。 

861: 名無しさん@HOME 2013/03/13(水) 20:27:00.87 0
プチですが 
高校生の時、一時間に2~3本しか電車がこない駅なので 
一人で待合室でだるまストーブにあたっていた。 

見かけない不良みたいな男が 
「ねぇちょっと貸してくれない。千円でいいからさ。」とずずっと近寄って来た。 
びっくりして勢いよく立ち上がり、駅員がいる方に逃げて行こうとしたら 
その男が私の前に回り込み、抱きとめようと手を広げた瞬間