お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

結婚

229: 愛と死の名無しさん 2011/04/20(水) 19:14:01.19
新婦が不幸だった結婚式 

両親への手紙を新婦が読みあげているときに 
「ぶぼぅぅ!」と静かな空間に屁の音が響いた 
あまりの爆音に会場がシーンと静まり返った  

スポンサーリンク

577: 名無しさん@HOME 2013/10/06(日) 10:50:30.04 0
嫁との出あいが修羅場だった ネタだと思ってもらって構いません 
当時俺24歳嫁18歳 全く面識はありませんでした 

ある日の休日、趣味の写真撮影で結構夜遅くまで街をうろうろしていました 
いい加減家に帰って寝ようかなーと思っていたら女の子(嫁)が声をかけてきました  

71: 愛と死の名無しさん 2011/05/21(土) 23:25:41.50
子供嫌いを治すカウンセリングとかあるんだな… 
そこまで努力してる人間に対して、 
子供嫌いのアテクシに気を使って当然! 
なんて印象持てないけど 
トラウマに本格的に向き合うって、並大抵じゃないよ  

872: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/01/18(月) 22:25:48

誘われて初めてやったサバイバルゲーム。 
勝手もわからず開始早々にあっさり撃たれて 
セイフティゾーンでお茶飲んでたら、 
モリゾーというか、緑のムックというか 
なんかそんなのがぬっと現れた  

51: 愛と死の名無しさん 2012/09/20(木) 15:23:14
プチだけど不幸だった友人の結婚式。 
新婦である友人の父は、娘大好き。娘溺愛。 
結婚に漕ぎ着けるまでが大変だったらしいけど、どうにか結婚式当日を迎え。 

挙式の間中、父号泣。 
誓いのキスのところで娘の名前を呼び更に咽び泣き。 
新婦叔父が見かねて教会外に連れ出すも扉を隔てても泣き声が響いてくる。 
新郎側親族もさすがに呆れ顔。  

908: 愛と死の名無しさん 2010/09/04(土) 14:50:35
微笑ましくもあるけど、雰囲気が微妙だった式 

うちの職場の女上司(当時36歳)の結婚が決まった。 
招待されたのは上司の上司以外は同じ係の私と私の先輩だけだった。 
…が、突然隣の席(=隣の係)にいるA君が「いいなー。俺も結婚式いきたいなー」と声かけてきた。 
上司が苦笑いしながら「A君は隣の係だし、人数制限もあるからごめんね」と言ったのに 
「えええええ。俺もお祝いしたいっすよ。上司さんのこと好きだったから、諦めるために招待してくださいよー」 
さすがに無理だよ、と笑い飛ばしたんだけど、このA君、直接新郎(同じ職場の違う部署)のところにまでいって
何と新郎側招待客名簿に加えてもらった。 

(余談ですが、A君は確かによく上司のことをタイプだ、結婚したい、いや、結婚してください、と 
飲み会の席なんかで言っていて、ちょっと本気なのか?と思う部分はあった。)  

646: 愛と死の名無しさん 2011/06/23(木) 02:29:43.96
携帯からなんで読みづらかったらごめん。 

新婦のお母様には脳出血の後遺症があり言葉がうまく喋れず、半身麻痺のため片手が使えない&杖or車椅子。 
そのため、式や披露宴は洋式だけど料理は箸で食べれる和食だった結婚式。 
結婚後は新婦ご両親との同居が円満に決まっており、両家の仲も良さそうで、和やかなムードで披露宴は進んでいた。  

934: 愛と死の名無しさん 2009/11/16(月) 08:58:36
以前勤めていた会社の、取引先の役員の娘の披露宴に呼ばれた。 
上司経由で「お前に来いって」と連絡を受けたが、役員とはお茶出した時に顔を合わせる程度で会話したこともない。 
もちろん娘なんか赤の他人。 

それでも仕事がらみだからと出席したら、新婦友人がむちゃくちゃ少ない。 
少ないのだが、私を含めて粒よりのブス。 
お互いに顔見知りでもないようで、友人同士の会話や余興もない。 
料理食べて引き出物のカタログを貰って終わった。 

しばらく後に、取引先の営業さんから聞いた事。  

1: 名無しさん@おーぷん 2016/09/17(土)15:43:52 ID:mia
結婚式の時の辻褄合わせに苦労した。


分かる人いる?

2: 名無しさん@おーぷん 2016/09/17(土)15:44:29 ID:303
わからん

4: 名無しさん@おーぷん 2016/09/17(土)15:45:11 ID:mia
>>2
付き合った時期とか辻褄合わせるの
本当にむずい。
友達とか親とかに説明すんの難しいんだよ。 

20: 名無しさん@おーぷん 2016/08/17(水)17:28:37 ID:hRj
数年前、父親が再婚した。
私の実母は、私の成人後間もなく癌で他界してる。
父が一人暮らしになってからは、私の結婚後も2か月に一度は電車乗り継いで様子見に行ってたけど、
父の口から結婚の話が出るまで全然そういう人が父にいると知らなくてビックリした。
ただもう母も亡くなって10年以上だし、父が良いと思う人ならとその場ですぐ祝福した。

「一度会って欲しい」と父に言われて、父の相手と実家で会った。
父の会社の同僚の娘さんだとかで、私とほぼ同じ歳でまたビックリした。
ほぼ同じ年なのに、シミだらけの首元ヨレヨレのTシャツにジーパンとかで、
「どーも」と頭下げた後は、自己紹介しても話を振っても黙ってる人でまたビックリした。