お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

結婚

894: 愛と死の名無しさん 2011/04/09 23:14:13
父がちょっと不幸だった結婚式。 
姉の結婚式を近親族のみで、沖縄でする事になった。 
大好きな祖母にも出席して欲しかったが、祖母は80歳近い年齢で、 
足が悪いし、杖が無いと移動が難しい。 

そこで父が「俺が面倒見る!」と宣言。(母死別でいません) 
姉達もプランナーや旅行会社に車椅子等の用意を頼み、 
無事、出席の運びとなった。  

スポンサーリンク

935: 愛と死の名無しさん 2011/04/11 16:16:57
私が不幸だった結婚式。 

数年前会社の先輩(女)の結婚式に出た。 
フロアは一緒だったけど部署が違う先輩で、ぶっちゃけ挨拶くらいしかしない人だったのに 
何故か拝まれ倒されて、祝儀とかいらないしタダ飯食べるくらいの気持ちでと言われたので出た。 
その時は先輩の友人が少ないからという理由で納得したんだけど、今思い出せばやっぱり断るべきだった…。

950: 1/2 2012/01/12(木) 14:09:04
この流れに便乗 

数年前、実家の玄関前に山盛りの排泄物が放置される事件が続いた 
夜には無くて朝になると大量に残されている 
ブツの状態から排泄後数時間経ってないと見えたので、多分犯行は明け方から早朝じゃないかと思われた 

日課の早朝のジョギング後、うっかり足を突っ込んで激怒した兄と、 
掃除にうんざりした母と私で毎日交代で早起きし、見張りに立つ事にした 
すると早くも翌日の朝4時半頃、コートを着た若い男女がやってきた 

469: 愛と死の名無しさん 2011/02/05(土) 23:26:04
携帯から。 

数年前に新郎の友人として出席した式なんだが、新郎の出身が新潟ということで友人一同が車二台に分けて乗り込み、東京から新潟に向かった。一台は当日帰る組で、俺はもう一台の宿泊組の車を運転。 

式も披露宴も滞りなく進み、二次会開始。日帰り組は帰りの運転がある運転手を気遣って飲まず、俺を含めた宿泊組は普通に飲んでいた。