お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

結婚

453: 名無しさん@HOME 02/06/22 12:02
デキコン義妹の結婚式で。 
ふだん人格者ぶってでデカいことばかり言ってる姑ですが、 
見事にボロが出てすげーワロタ。 

式場につくまでは大いばりで服装から何から口を出し、 
「くれぐれも○○(義妹)や私に恥かかせないでよ!」 
なんて言ってた姑の服装が一番ヘン。 
まだらにスパンコールがついた瀕死の雌鮭みたいな悪趣味スーツ(本人は上品だと思ってる)。 
義妹夫のお母さんの上品なスーツの思い切り引き立て役。 

スポンサーリンク

826: 名無しさん@おーぷん 2016/07/12(火)13:41:58 ID:MQt
ちょこちょこネットでは見た事あったけどまさか自分が体験する事になるとは思ってもみなかった。
最近彼と婚約したんだけど、婚約後に彼一族が超大金持ちだと告白された。
彼実家だと言ってそれまで連れて行かれてたのは倉庫代わりの家だったらしい。
と言ってもそれでもそこそこ大きいし庭に鯉も飼われてたし立派な門構えのあるお宅だったから全然気付かなかった。

なんかすっごいモヤる。彼にも「婚約破棄まではまだしないからちょっといろいろと整理を付けさせてほしい。」って言って式諸々を待ってもらった。

678: 1/2 2009/05/01(金) 21:58:44
某シンポジウムへ向かう途中の駅前で 
嫁「すいません。〇〇会館というのはどういけばよろしいんでしょうか?」 
俺「え? あ、某シンポに行かれるんですか?」 
嫁「はい、そうです」 
俺「わたしもそうなんです。タクシーでご一緒します?」 
嫁「(一瞬ためらった後)あ、じゃあ、お願いします」 

第一印象は「うわ、可愛い。学生かな」 


※続きものです
新郎友人視点 新婦妹視点
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)

464: 名無しさん@おーぷん 2014/05/31(土)02:14:38 ID:ypOvpatHH
ちょっと長いです。修羅場まっただ中。

前提。
私の姉は生まれつき手に障害がある。
訓練すれば日常生活に支障はないけど、見た目ではっきり判るような障害。
私はその姉を不憫に思った両親が、姉の将来の為に作った子供。
幼い頃から、パパママが居なくなってからは
私ちゃんがお姉ちゃんの面倒を見るんだよって言い聞かされて育った。

でも、障害以外の面で、姉は何もかも私より優れてた。
姉は美人で(仲間由紀恵似)明るくて頭も良い。
私は地味顔でネガティブで成績は平凡。
私は、小学生の頃から、こんなに可愛くてなんでも出来るお姉ちゃんの面倒を
どうして私なんかが見る必要があるのかなって疑問だった。
とはいえ、姉本人は私に優しかったし姉妹仲も悪くなかった。


※続きものです
新郎友人視点 新婦妹視点
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)


31: 名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)23:32:48 ID:14rYIFvm2
新郎友人として出席した式での話なんだけど、まず驚いたのが、新郎母が式に出席しなかった事。
お酌に回ってきた新郎親戚によると体調不良って事だった。

あと、新婦(披露宴が初対面。美人)の友人席がスカスカだった。
それになんだか新婦の親戚がどうもヒソヒソしている。
そのうちヒソヒソが新郎親戚にも広がって、なんとなく不穏な雰囲気だった。

166: 愛と死の名無しさん 2011/02/20 20:53:36
初めてなのでわかりずらかったらごめんなさい。 

2~3年くらい前、新婦友人として結婚式・食事会に参加した。 
式最中やたらと新郎友人(複数)が野次をとばすな~とは思ってたんだけど、とりあえず無事に式は終了。 
会費制の食事会で新婦友人たちと座っていたら、新郎友人が次々とナンパ開始。新郎新婦が入場するまでナンパは続けられた。 

98: おさかなくわえた名無しさん 2008/11/03(月) 14:20:38 ID:TrO4kQif
友人カップルが今度結婚するという。 
それでそのプロポーズってのが、彼氏のサイン入り離婚届け。 
「もし君を悲しませたり、何かしたりしたら君の判断で出してもいい。 
でもそんな事は絶対にしないよ」っていう意思表示だそうで。 
「個性的でいいね~」なんて言ってたんだけども、 
友人からその離婚届の証人欄に記入して欲しいと言われた。 

229: 愛と死の名無しさん 2011/04/20(水) 19:14:01.19
新婦が不幸だった結婚式 

両親への手紙を新婦が読みあげているときに 
「ぶぼぅぅ!」と静かな空間に屁の音が響いた 
あまりの爆音に会場がシーンと静まり返った  

577: 名無しさん@HOME 2013/10/06(日) 10:50:30.04 0
嫁との出あいが修羅場だった ネタだと思ってもらって構いません 
当時俺24歳嫁18歳 全く面識はありませんでした 

ある日の休日、趣味の写真撮影で結構夜遅くまで街をうろうろしていました 
いい加減家に帰って寝ようかなーと思っていたら女の子(嫁)が声をかけてきました  

71: 愛と死の名無しさん 2011/05/21(土) 23:25:41.50
子供嫌いを治すカウンセリングとかあるんだな… 
そこまで努力してる人間に対して、 
子供嫌いのアテクシに気を使って当然! 
なんて印象持てないけど 
トラウマに本格的に向き合うって、並大抵じゃないよ