お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

修羅場

485: 名無しさん@おーぷん 2015/01/15(木)00:05:48 ID:GGS
上階の奥様が衝撃。
うちのマンションは最上階だけ広めの分譲で3世帯、それ以下の階は分譲の区画を各真っ二つに分けた感じでワンルーム賃貸が6世帯入ってる。長方形2つの上に正方形が乗ってるイメージね。
俺は朝から深夜まで仕事で留守だから気づかなかったけど隣家の住人が上階の騒音が酷いって言ってた。しかも平日昼間だけらしい。

77: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)22:43:31 ID:kLE
少し前に離婚した旦那について。
正直メンヘラだった。
感情の波がはげしくて朝テンションMax!!夕方ショボーンとかまだいいほうで標準以上の音量の独り言を連発して回りを混乱させたり、
お腹ぽよんだったのがいきなりエヴァみたいな体型になったりしてた。
かなり変わってたけど仕事は出来るし、ほどよいイケメンでかなりの人気。
あらゆるライバルと対決して妻の座をゲット。

394: 名無しさん@おーぷん 2015/01/09(金)12:34:45 ID:kS7
もう十数年も昔の話だけど、当時営業補助みたいな仕事してて
初めて先輩について顧客のところに行くことになった
いわゆる中小企業の工場の片隅に立ってる事務所の中の応接室で、担当の部下さんが上司に
「現場で使う人に来て見て貰った方がいいのでは」と急遽現場の人に来て貰うことになった

251: 名無しさん@おーぷん 2016/05/02(月)18:52:01 ID:2hp
俺が小学校低学年の時に両親が離婚して
ずっと父親のDVと不倫が原因で
養育費とか慰謝料貰わず逃げるように離婚したって吹き込まれてて

それが全部嘘で不倫したのは母で養育費も貰っていたし
それを全部母と再婚相手が使い込んでいて
父親は何度も面会を望んでいたみたいだったけど
それも勝手に俺が会いたくないと嘘ついて面会も拒絶していたのがわかった時が最大の修羅場だったなぁ

244: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2015/01/15(木) 19:38:58
たぶん義父にとっての修羅場w 

嫁がまだ彼女だった頃、お互い結婚したい気持ちを角煮しあって 
相手のご両親にきちんと挨拶に行こうと思っていた。 
兄が2人、弟がひとりでたったひとりの女の子である彼女を 
お父さんが溺愛してるのは知ってたから、 
ちゃんと挨拶して、ちゃんと了解を貰いたかった。 

573: 名無しさん@おーぷん 2015/12/28(月)12:34:48 ID:90S
昔うちは両親と兄、姉、私の五人家族で、そのうち姉は養子
こんなこと言うと非難されるかもしれないが、
母親主導でその分ちょっと待遇に差がついてた

産みの親は母の妹
シングルの叔母が若くして亡くなり、当時8歳の姉が家に引き取られたんだけど、
母の親戚筋なのに母が冷たく、これが実子と養子の差か?と居た堪れなく育った

395: 愛と死の名無しさん 2011/10/16(日) 10:18:09.50
小粒だけど話のタネに投下。 

船上結婚式でのブーケトス。 
ブーケが強風に煽られ海ポチャ。 
列席者で波間を探すと白い花の隣に紫に変色した水タヒ体発見。 

247: 1/2 2015/01/16(金) 17:13:08
今から20年ぐらい前、確か当時2-3年生ぐらい。10歳になってなかったぐらいの年齢の頃。 
友達の家に遊びに行く途中で、ふとトイレに行きたくなり、公衆トイレの方へ行った。 
公園じゃ無いんだけど、住宅街の三叉路にあるトイレで、公衆トイレのくせにやたら綺麗だったのは覚えてる。
 小走りで曲がり角を曲がって三叉路に入ると、公衆トイレの前に何か置いてある…。 

347: 名無しさん@おーぷん 2015/11/08(日)03:50:20 ID:GuS
内容が内容なんで話半分で聞いてくれれば。

小学校から続いてたかなりハードな虐めを苦に中学で一人がジサツした。
マスコミにも情報を漏らさず、事態は学校の中で封殺された。

488: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)16:15:01 ID:auQTezoap
夜、帰宅路である峠道走って帰ってたらスピード出してる対向車がいて、危ないなと思っていたらスリップしてきて衝突。
そこから少しだけ時間がスローに。ボンネットに置いていた小銭が跳ねたと思ったらエアーバックが開くいて、車が上下に激しく揺れた。
押し出される形で山滑り落ちたわけ。
あー危ないな、死ぬのかなと考えていたまでは覚えているけど以降は意識失った。