お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

ほっこりオカルト

208: 1/3 2011/12/03(土) 13:56:07 ID:xiutH7VM0
スレタイが「ほんのり怖い」なので、なるべくそれに沿った思い出を書いてみた。 

内科病棟によく入院してくる72歳のNさんという男性がいた。 
糖尿病のコントロール不良なのだが、病院スタッフに対していつも怒鳴り散らしていた。 
動けるにも拘らず、夜間にナースコールを押して看護師を呼びつけ、 
「そこのティッシュ取れ」と命令するような男性だった。 
スタッフからは嫌われていたし、Nさんもそれを自覚していたと思う。 

しかもこっそりお菓子を買い食いしたり、知人にお菓子を差し入れさせたりして 
治療する気があるのかないのか分からない男性だった。 
家族のお見舞いはなかったが、床頭台には夫婦写真は飾っていた。  

スポンサーリンク

62: 名無しさん 2014/03/26(水)22:49:26 ID:7obfIjZsU
近所に有名なラーメン屋がいくつかあるけど女1人じゃ入れる気がしない
店を覗くといつもコワモテの店員とイカツイ男性客しかいないから入る勇気が無い
残念ながら一緒に行く伴侶も友達もいないんだよね
でもカップ麺はもう飽きた!ラーメン屋の本物のラーメンが食べたい!ってずっと思ってた 

92: うぐいす 2001/04/19(木) 10:57
3歳になる娘が言う事には、我が家には「ささろさん」がいるそうです。 
大きくて白くて優しくて、顔が無いそうです。 

98: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/04/19(木) 11:55
>>92 
“ささろさん”の詳細をキボンヌ。 
何か交流があるのかね? 

42: 本当にあった怖い名無し 2009/06/14(日) 15:09:29 ID:L5x61IM10
陣痛の最中言ってしまった言葉!【14言目】より 

軽いオカルト入ってます。 
私7か月の時夫が急逝、泣きながらもこの子を生んで立派に育てるぞ!と決意した。 
いざ出産へ! 
最初は「こ、こんな痛みあの人が感じた事に比べたら」と殊勝に頑張ったが、 
そうも言ってられなくなってきた。  

112: 本当にあった怖い名無し 2009/06/18(木) 11:15:01 ID:TJGFd+JuO
枕元には何もない 
だが、要請があれば二時間以内に家から釣り場に出動して魚を釣れる態勢はとってる 

これだけじゃあれだから一つ体験談 
先述の通り釣りキチなわけだが、夜釣りの時には幽霊に出くわすこともある。 
そんなある日、とある港の防波堤にて一人で夜釣りをしていると、 
海面をこちらに歩いて来る明らかにこの世の者ではないオッさんが見えた。  

116: 可愛い奥様 2009/10/14(水) 20:45:36 ID:sZ9/Y1KhO
うちの祖母の話なんだけど、駆け落ちして一緒になった祖父とは 
本当に仲が良くてチャーミーグリーンの昔のCMみたいで可愛いらしかった 

祖父は最後にボケて、スイッチが入ると祖母に「浮気してるだろー見たぞ」 
とか夜中に起きて祖母を責める&タクシーを拾う高度な徘徊で 
温泉病院に入ることになって、亡くなった 

最後は毎日塗り絵を「仕事」として一生懸命に塗っては 
「頑張って稼がないと、ばーちゃんに苦労させたくないからな」と  

18: 本当にあった怖い名無し 2009/04/25(土) 05:22:37 ID:qyA5zCSrO
三年前に実際に体験した怖い話です。 
金縛りにあって苦しんでいる時に足元に二人の人影が座っているをうっすらと感じました。 
二人はヒソヒソと何か話しているようで、最初はサッパリでしたが段々と聞き取れるようになり… 
「中華丼のウズラ卵が二個入っててラッキーと思ったが実際二個は多すぎて微妙だった」とか 
「チャーハンはグリンピースが乗ってると1.75倍美味しく感じるよな」とか 
ホントにどうでも良い話ばかりでした。  

958: 1/3 2006/02/24(金) 04:22:06
254 :本当にあった怖い名無し :05/03/06 17:06:39 ID:cLi7MPvc0 

おかんが癌で亡くなって6年になる。 
癌を見つけたときにはもう余命一年の宣告。親父と相談の上、 
おかんには告知しなかった。一年、騙し続けた。 

私はその時二番目の子供を妊娠中。大きい腹でおかんの病室に通った。 
ある日おかんが私の腹をなでて、まだ見ぬ孫の名をつけて呼んだ。 
おかんの死後、丁度一ヶ月の日に娘は生まれた。 
母が呼んでくれた名前を娘につけた。 
すごく愛しそうに呼んでくれた名前だから、迷わなかった。 

103: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/02/21(水) 23:05
ちょっと趣旨が異なりますが。 

先日、晴天の昼間、あんまり気持ちよくて、うっかり昼寝をしたら、金縛りに遭いました。 
手足はもちろん、目も薄くしか開けられなくて「きたーっ!」って感じでした。 
うぉうぉうぉとか悶えていたら、足元からひたひたと上がってくるものが。 
薄目を開けても、何も見えません。 
でもそれは、小さな足先で左手を踏みながら、顔のところまできました。  

701: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/25(日) 23:15:54
706 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/24(土) 03:59:06 
うちの父と母は同い年で、生まれた頃からの付き合いだったというのおさななじみ 
20の時に結婚したって話だから、ゴールまで20年というそれこそ大恋愛の末に結婚したそうな 

いい年こいたおっさんとおばさんがそのへんのバカップルよろしく茶の間で四六時中 
イチャイチャしてるような環境で育ったおかげでちょっとやそっとの下世話な話や 
街中で平然と抱き合うようなバカップルでも全く腹が立たないのは、 
まあ教育のたまものともいえるかもしれないな・・