お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

泣けるほのぼの

485: おさかなくわえた名無しさん 2005/06/10(金) 15:45:46 ID:hISdIXj+
今日は息子の5歳の誕生日。 
朝起きてすぐ顔をみて「おめでとー!」といった。 
幼稚園から帰ってから、「夕飯はご馳走にしようね〜」 
って言ったら、何かいいたそうにしてモジモジしている。 
なんだろうと思ったら・・・ 
 

スポンサーリンク

164: 名無しさん@おーぷん 2015/01/31(土)01:33:21 ID:h2s
10数年ぶりに彼氏が出来た。

私には姉の置土産の子供同然に育ててきた姪と甥がいて、ここ十年母親業に専念してて、色恋沙汰とは無縁の世界だった。(当方30代半ばのババァ)
姪と甥が成人を迎え、10年ぶりの一人暮らしになったので、少し寂しく思っていた。
たまに飲み行ったりご飯行く程度に仲の良い後輩(20代半ば)から結婚を前提にお付き合いして下さいと告白された。

びっくりして、私には子供同然の姪と甥が居るし、私は婦人系の病気をして子供は望めない。
まだ20代なんだから、十も違うババァを貰っても仕方ないだろw気持ちだけもらっとく!とお断りをした。
だけど後輩は諦めなくて、約5ヶ月毎日告白してきたw毎日お断りしてたけどw
 

695: sage 2013/01/27(日) 10:44:29 ID:BpIql53e
ものすごく長文です。 

昨日、晩ごはんとお風呂をすませた後のまったりした遊び時間。息子(5歳)が絵を描いて遊んでいた。私は隣で見ていた。 
暇だったので息子の頭をなでたり、ほっぺたをなでたりつんつんしたりつまんだり、鼻をつまんだりしてちょっかいを掛けていると 
息子が「んもー、なにしてんの?」と聞いてきたから「息子君が可愛くて大好きでしょうがないからだよー」なんて言ってまるでバカップルなことをしていた。 
 

634: 名無し@話し合い中 2006/11/22(水) 14:01:39
息子は大学ニ年の20歳、可愛いと思える年頃は過ぎたが、たのもしく思うことがあります。 
昨夜は息子の20歳の誕生日だったので妻と誕生日のお祝いをしようと待っていた。 
帰ってきた息子の顔がほんのり赤く酒臭かったので聞いてみた。
(息子は今まで一度もアルコールを口にしたことはなかったので) 
 

821: 名無しさん@どーでもいいことだが。 03/09/01 23:50 ID:B6dhxnrT
なごみと言えるかどうか解りませんが‥‥ 

パパン(まだ自分が子供の頃に亡くなった)の鞄を屋根裏で発見。 
開けてみたら書類やら折り畳み傘やらに混じって、古いカセットテープが出てきた。 
私に聞かせるために「101匹わ○ちゃん」を当時単身赴任中のパパンが朗読したものらしい。 
 

24: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2005/11/11(金) 13:25:56 ID:XCkbisVL
友人が「今日はビックカツ丼だ!」と言ってたので、 
「いいなー、ビックなカツ丼なんてリッチだな〜」と羨ましがってみた。 

231: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/01/12(火) 15:49:01.33
昨日の出来事 

うちの嫁は娘が2歳のときに亡くなったんだが、 
居間でソファに座ってTV見てたら、後ろを嫁が歩く気配がした。 
ハッとして振り向いたら高2になる娘がいた。 
あんまり勢いよく振り返ったんで娘もびっくししてた。 

そこで気づいた。娘の匂いが嫁だった。 
シャンプーと洗濯用洗剤とボディークリームが混ざったような匂い。 
 

62: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-04-23 08:12:12
嫁が24歳の時に不妊発覚。病院をいくつも変えて治療に当たったが駄目。
嫁が27歳の時に治療を止めて、2人で生きる事にした。

嫁はただひたすら俺に謝ってきたが、俺は嫁の方が
俺の100倍辛いと思って慰めようとしていたのだが
嫁はあっけらかん。「え?別に何とも?」って感じ。
 
その言葉の通り、俺実家に行っても嫁実家に行っても
兄やら弟やら姉やらの親族各々が子供を連れてきても
ニコニコ顔で子供と接していた。その帰りも

「たまに子供と接するのっていいよねー。でもこれが毎日になるとやっぱしんどいから無理w」
と笑って言っていた。

 

389: 1/2 04/09/10 18:53:41 ID:CAEB3DUa
888 名前: M7.74 投稿日: 04/09/10 18:38:56 ID:lRTtqyKT 

オレは小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。 
当初、見知らぬ土地に来て間もなく当然友達もいない。 
いつしかオレはノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中になっていた。 

それをばあちゃんに見せては 
「ここでモンスターが出るんだよ」 
「ここに止まったら三回休み〜」 
ばあちゃんはニコニコしながら、「ほうそうかい、そいつはすごいねぇ」と相づちを打ってくれる。 
それが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていた。 
 

457: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/06/02(木) 21:52:29
俺は結婚してから妻に愛してるなんて言ったことがない 
プロポーズもしなかったし、自然に結婚していた 
俺と同じ働き先の若い子に此処を聞いて、読んで改めて妻に伝えようと思った昨日 

早めに退社して、ケーキ買っていこうと思ったが、参った 
妻の好きなケーキが解らなかった 
娘のはすぐに解ったのになぁ