お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

大好き

562: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/05/24(月) 23:27:56
>>521が来るまで俺が少し… 

俺は小さい時から通っていた空手道場の師範の娘と結婚した 
5歳から通いはじめ、俺と同年代の人がいなかったので 
同い年の嫁と組んでは稽古していた 
この頃は女子の方が体が大きいので嫁は強く 
俺はよく負かされては泣いていた  

スポンサーリンク

116: 可愛い奥様 2009/10/14(水) 20:45:36 ID:sZ9/Y1KhO
うちの祖母の話なんだけど、駆け落ちして一緒になった祖父とは 
本当に仲が良くてチャーミーグリーンの昔のCMみたいで可愛いらしかった 

祖父は最後にボケて、スイッチが入ると祖母に「浮気してるだろー見たぞ」 
とか夜中に起きて祖母を責める&タクシーを拾う高度な徘徊で 
温泉病院に入ることになって、亡くなった 

最後は毎日塗り絵を「仕事」として一生懸命に塗っては 
「頑張って稼がないと、ばーちゃんに苦労させたくないからな」と  

402: おさかなくわえた名無しさん 2012/10/09(火) 19:45:56.35 ID:V0uPZop7
CM見ていて思い出したのでカキコ。 

特にこれといったものも無い平々凡々な自分と結婚した嫁。 
米倉涼子に似ていて身長も俺よりも高くちちもデカいし、料理も店を出せるレベル。 
唯一の欠点が掃除と整理整頓が出来ないくらいだけど、
そこは綺麗好きの俺がカバーするみたいな夫婦生活を送ってる。  

151: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/07(日) 00:52:51
朝4時の話。 
嫁「……(黙々と道端の花にペットボトルで水をやってる)」 
俺「(道端にうずくまってるように見え)どうしたんですか?大丈夫?」 
嫁ダッシュで逃走。 

嫁「悪いことはしてませんからーーーー!」 
後には桃色タンポポ。 
嫁は空き地に種撒く花ゲリラだった。

152: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/07(日) 01:04:27
>>151 
kwsk! 

190: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/06/07(火) 22:11:55.32
食いものと言えば、以前風呂上りに冷蔵庫のでかいプリンがあったので喰ったら嫁が壊れた。 
嫁「あんたとはもうパ行でしかしゃべらん!」 
でも不思議と会話は成立してました。  

747: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/02/12(火) 23:53:14

嫁「はじめましてー」 
俺「はじめまして、お父さんにお勉強を教わってます」 

高校生の時の恩師の娘 
妙に懐かれてよく遊んであげてたら 
「大人になったらお嫁さんになってあげるー」 
でも、まさかホントにお嫁さんになってくれるとは 
夢にも思わなかった。俺、年上好みだったし… 

当時俺16歳で、嫁6歳
 

372: 名無しさん@HOME 2011/04/22(金) 13:59:51.52 O
流れ読まずに投下 

前スレかどこかで地震に合いまくる人がいたと思うが、自分の彼女がそれの別バージョンだった。 

彼女は付き合った当初22才だったのだが、その時点で6回、川や海で溺れた人を助けた経験があると告白された。もちろんライフセイバーなどでなく、散歩などで偶然に通りかかった時に遭遇したのだそうだ。 
結構冗談を言う子だったし、その話を聞いたときももまたまたーwという感じで流した。  

414: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/02(土) 19:31:24.56
今日は結婚記念日なので言ってみることにした。 
嫁が以前から欲しがってたマグカップは昨日購入済み。 
で、さっき、花束も買って来て車の中に隠しておいた。 

夕食時に娘ふたり(19と17)の前で嫁に言ってみたよ。 

108: 名無し@話し合い中 2006/08/11(金) 13:48:55
嫁は俺の後輩として入ってきた新入社員だった。そして俺が教育係。 
地方出身者だったため、俺の居る本社で研修を受け 
最終的には彼女の実家の近くにある支社に配属されるはずだった。 
ところが、出来が悪くて上司が転属にOKを出さず、一年のはずの 
研修期間が二年、三年と長引いた。 

196: 可愛い奥様 2013/06/04(火) 19:25:24.83 ID:fYQ6azd/O
私の兄は、絵に書いたようなキモオタ(カンニング竹山に似ている)。収入だって多くない。当然女っ気0だった。
そんな兄が、ある日突然「結婚を前提に付き合っている女性がいるから、紹介したい。」と、家族(両親・独身時代の私)に言ってきた。 
彼女がいるだけでも驚愕だったのに、連れて来た女性(Aさんとする)は兄の中高の同級生で、香里奈に似た華やかな美人。感じも良い人だった。 

Aさんは実は水商売で兄は騙されているのだろうか、逆に兄がなにかAさんの弱味を握っているのだろうかなどと邪推をしたが(口には出さねど、おそらく両親もw)、結局二人は結婚した。