お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

友達

926: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)10:26:14 ID:l2m
私はいじめにあってた
怪我するようなことはなかったけど、叩かれたり蹴られたりは普通
一番最悪はカエルとミミズ食べさせられたこと
羽交い締めで口に入れられ無理やり閉じさせられた
主犯の女子はマンガみたに腕くんで高笑いしてた
吐いたら叩かれた
それからはカエルとかミミズとか呼ばれて、そんな感じで小学校は地獄だったわ
中学校でもいじめられて、しかも小学校ではいじめが問題視されたこともあり陰湿化
お弁当に雑巾の絞り汁をトッピングされたこともあった

スポンサーリンク

778: 名無しさん@おーぷん 2014/10/22(水)08:21:48 ID:Jr6qVAOrZ
私の友達S子が絶賛復讐中
子ども同士が同級生で子どもは普通に仲良かったんだけど親同士は凄く気が合ってプライベートで遊んだり
学校行事も一緒に行ったりしていた
S子はいわゆるエネMeで私は母子のせいかなんでそんなに我慢してまで結婚生活を続けるのかがわからなかった
S子の口癖は「いつかひっくりかえす」だったんだけど、ついにその時が来た
ちょっと忙しくて逢えないことが続いてやっと逢ったとき、S子は社長夫人になっていた
S子の旦那は自営で旦那父が退き後をついだんだと
旦那はエネミーだったから、旦那父は退いても掌で転がしつつ自分もまだ美味しい思いができると思っていたらしい

960: 名無しさん@おーぷん 2015/05/09(土)13:35:57 ID:62l
学生時代、優しくって気の弱い友達(以下A)がいた。
地声が小さく、押しも弱く、不愉快なことをされても怒らず困った顔をしているような子。
ある時Aに彼氏ができた。が、そいつはDV野郎。
Aが電話に出なかった罰として携帯電話を折る(携帯電話が二つ折りだった時代の話です)
今どこに誰といるのか鬼メール&鬼電、嘘をついていないか周辺を写メって送れと強要
ちょっと気に入らないことがあると小突く&暴言
Aが作った料理が気に入らないと一口も食べずにゴミ箱へ捨てる
というようなドクズ。

あんなのとなんで付き合ってるの、早く別れなよと皆が言ったけど、Aは
「私が怒らせないといい人なんだよー、この前も〇〇してくれてねー」
とDVされる子のテンプレみたいなことを言って、困り顔で笑っていた。
でも彼氏がしてくることが嫌でないわけがないので、時々相談や愚痴をこぼす。
それを聞いた私や友人に別れろと言われる→でもいいところもあるの、のループを繰り返していた。

247: 本当にあった怖い名無し 2010/03/17(水) 18:19:37 ID:jPI97DJg0
俺の友人の話だが、そいつの親を保証人にして借金して夜逃げした親戚をずっと恨んでいた。 
夜逃げした奴はなぜか数年後舞い戻って来て事業を始めて成功した。 
いくら借金払えと詰め寄っても知らん顔。 

150: 名無しさん@おーぷん 2015/05/15(金)00:03:14 ID:1zp
自分がしたスカじゃないけれど学生時代からの友人のスカ発言。
ちな、自分は喪女で友人は高学歴な和風美人。
定期的にある男女含め20人程度の飲み会でのアラサーでフリーター女AとBの会話。

A「やっぱり付き合うなら年収大事だよね1000万くらいないとね」
B「早くバイトやめたーいミャハ」
なんて会話をしていて私に話を振ってくるもこちとら結婚願望もなければ専業はちょっと性格的に無理そうなので
私「あー・・・そうなのかねぇわかんね」
な感じでのらりくらりしていた。

504: 名無しさん@おーぷん 2015/02/21(土)11:35:08 ID:03a
俺ではなく友人の話

友人は男男女の長子
だが両親は女の子が欲しかったらしく友人と弟は放置されてたらしいんだが酷かった
というのも扱いの差が激しく風邪をひいても妹はほぼ微熱でも学校休んで病院なのに友人と弟は38度とかでも市販薬渡されるだけだったと
そのせいで弟が肺炎になり見かねた親戚(俺の隣人)が引き取った

これが友人10歳の時の話
親戚も子供ができなかったらしく友人たちを可愛がったし友人たちも親と慕って普通にいい家族になった
その後友人たちは反抗期もそれなりにはあったが立派に育ち今は友人は弁護士、弟も趣味を仕事にして互いに不自由なく親孝行してる

330: 名無しさん@おーぷん 2015/09/13(日)23:56:19 ID:v0B
近所にある、美味しくて評判のお蕎麦屋さん。
パパさんと幼稚園くらいの女の子2人が食べ終わって、
パパさんが「じゃあ、ばぁばとじぃじにご挨拶しようね」と女の子たちに声をかけて、席を立った。

厨房に行って「じゃあね、ばぁば!じぃじ!美味しかったよ!」と笑顔を振りまき、
店主が「はいよ、気をつけて行ってくるんだよ」と声をかけ、
パパさんも「ありがとうございました、ごちそうさまでした!」
と頭を下げて、そのまま厨房の勝手口から出て行った。

151: 名無しさん@おーぷん 2015/05/21(木)23:16:51 ID:CLw
友人がしてくれたスカッと

ある時からなんかイタ電がかかってきた
無言だったりセクハラだったり色々あったがもう怖くて怖くて仕方なくなり
友人に相談したら「任せろ」と対応してくれた

197: 1/2 2015/06/13(土)23:01:34 ID:hx4
数年前の私じゃなくて友人がした武勇伝。
修造兄貴に見た目も中身も少し似ている友人は国境のない医師団のような無医師の地域(海外)で医療提供している。
その時は久しぶりに日本に戻って来て甥っ子へのプレゼントを買うのに付き合った。
電車の中でヨド〇シの袋を持ちながら買ったゲームについて話す私たちの話を聞いていたらしい小学校低学年ぽい男児が「それゲーム?頂戴チョウダイ。ソレ頂戴」を始めた。

545: 名無しさん@HOME 2014/01/30(木) 02:40:49.97
長くなります、すいません 

とある年の夏に、俺の友達が死んだ。突然の心筋梗塞で倒れたということだった。 
本当に突然の事だったし、まだ歳も若かったので最初は冗談だと思ってしまった。 
けど、それは冗談じゃなくて事実だと知らされたとき、ショックを受けた。 
俺は新幹線の中で落ち込みながら地元に帰っていた。 

「何でこんな時に死んだんだろう」とか「いいやつだったなぁ…」という気持ちでいっぱいになり、 
もっと地元に帰ってその友達と遊ばなかったことを後悔し始めていた。実際、地元に帰って遊んだのは2回ほどだった。 
葬式には彼の親族と高校時代の友達、会社の同僚と思われる人物が何人か参列してた。 
勿論、そこには彼の嫁も。