お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

オカルト

208: 1/3 2011/12/03(土) 13:56:07 ID:xiutH7VM0
スレタイが「ほんのり怖い」なので、なるべくそれに沿った思い出を書いてみた。 

内科病棟によく入院してくる72歳のNさんという男性がいた。 
糖尿病のコントロール不良なのだが、病院スタッフに対していつも怒鳴り散らしていた。 
動けるにも拘らず、夜間にナースコールを押して看護師を呼びつけ、 
「そこのティッシュ取れ」と命令するような男性だった。 
スタッフからは嫌われていたし、Nさんもそれを自覚していたと思う。 

しかもこっそりお菓子を買い食いしたり、知人にお菓子を差し入れさせたりして 
治療する気があるのかないのか分からない男性だった。 
家族のお見舞いはなかったが、床頭台には夫婦写真は飾っていた。  

178: 本当にあった怖い名無し 2009/05/05(火) 21:00:28 ID:NHCH6jyLO
部屋でゴロゴロしてたら、なんか変な感じがして 
嫌だなーなんて思ってたら金縛り&強烈な耳鳴り 

22: 本当にあった怖い名無し 2009/04/25(土) 13:29:11 ID:2el98PLNO
実家が代々払い屋。 
実家に帰ってボケーッとしてたら金縛りにあった。それだけじゃなく落武者っぽいのがノソノソ来る。 
ちょwwwヤバイwww俺ヤバイwww  

859: 本当にあった怖い名無し 2013/02/13(水) 21:45:57 ID:0VhUP6P10
復讐かどうかは微妙だけど、最近体罰が問題になってるから 
以下が個人談。 

15年ほど前中学生だった当時に自分を含めて何人かが 
体育教師の一人から度重なる体罰を受けていた。 

今、問題になっているボウリョク教師程ではないかも知れないが些細な理由で 
やられていたから大変嫌な思いをした。 
内容としては胸倉を掴まれてなぐる蹴るというもの。 
屈強な体格をそいつはしていたので中学生の自分は口で抗議する以外は 
やられるがままだった。きっと、良い憂さ晴らしだったんだろう。 

62: 名無しさん 2014/03/26(水)22:49:26 ID:7obfIjZsU
近所に有名なラーメン屋がいくつかあるけど女1人じゃ入れる気がしない
店を覗くといつもコワモテの店員とイカツイ男性客しかいないから入る勇気が無い
残念ながら一緒に行く伴侶も友達もいないんだよね
でもカップ麺はもう飽きた!ラーメン屋の本物のラーメンが食べたい!ってずっと思ってた 

6: 本当にあった怖い名無し 2009/06/03(水) 14:47:35 ID:0eKwJX+fO
昨日の事なんだけど。 
仕事が休みで山に一人で釣りに行って変な物見た。 

去年、一昨年に何回か友人や嫁と 
遊びにその川へ行ったんだけど、昨日はヒマを持て余してる友人もいなく たまたま一人で逝くことに 
10時に家を出て昼頃から釣り開始。 
夕方からかなり釣れだして、嫁には5時には帰るって言ってたんだけど 
夢中になりすぎて気付いたら6時過ぎだった。  

305: 名無しさん@HOME 2012/06/10(日) 18:50:48.30 0
じゃあプチ修羅場 
隣の賃貸の一戸建ては中も外もリフォーム済みの屋上つき 
庭も広々と綺麗な家だ、スーパーやドラッグストアや駅近でもあり、住宅街だから静か 
そこが破格の家賃なんですよ 
けど隣に引っ越してくると半年以内に、家族で一番若い人が亡くなる 
例外は3年前の昏睡状態の子供で1年もった  

92: うぐいす 2001/04/19(木) 10:57
3歳になる娘が言う事には、我が家には「ささろさん」がいるそうです。 
大きくて白くて優しくて、顔が無いそうです。 

98: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/04/19(木) 11:55
>>92 
“ささろさん”の詳細をキボンヌ。 
何か交流があるのかね? 

42: 本当にあった怖い名無し 2009/06/14(日) 15:09:29 ID:L5x61IM10
陣痛の最中言ってしまった言葉!【14言目】より 

軽いオカルト入ってます。 
私7か月の時夫が急逝、泣きながらもこの子を生んで立派に育てるぞ!と決意した。 
いざ出産へ! 
最初は「こ、こんな痛みあの人が感じた事に比べたら」と殊勝に頑張ったが、 
そうも言ってられなくなってきた。  

276: コピペ1/2 2009/04/10(金) 05:09:19 ID:IpZaG26x0
580 :もしもし、わたし名無しよ:2008/03/06(木) 12:31:43 
さて、今年のお雛祭りも無事終わったし、数年前に起こった祟り騒ぎでも投下してみる。 

事の始まりは雛祭りも近いある夜の事。突然、近所に住む若い母親Aが訪ねてきた。彼女は開口一番 
「お雛様貸してください」 
何でも,義母にお雛様(と娘)の写メを送れと言われたらしい。冗談じゃない。でも、相手は玄関の中にいる。 
「私」の雛人形を「他人」になんて貸し出せない。他をあたってくれとかなり冷たくあしらった。