お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

ほのぼの・ほっこり

513: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2006/02/15(水) 10:12:49 ID:qPvDOrQH
今行ってる職場、シルバー関連なので爺さまが多い。 
んで、袋にわさっと入ってる生協のチョコをかごにいれて 
爺さまたちがたむろってるところに持ってった。 

爺1(*゚д゚)「チョコだ!」 
爺2(*゚д゚)「チョコだ!」 
爺3(*゚д゚)「チョコだ!」 
咆哮にも似たどよめきが上がる。 

スポンサーリンク

770: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2006/01/21(土) 21:12:37 ID:dwkrNt/l
自分は雑貨チェーン店で働いてるんだけど、こないだ男子高校生が3人来店した。 
灰皿とか香水とかそういうのを探してるのかなーとぼんやり見ていたら、その中の一人が 
商品を持ってレジに来た。 

手に持っていたのは盆栽栽培セットとミニ水車(水を入れてスイッチ入れると水車がくるくる廻るおもちゃ)。 

118: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2005/12/25(日) 18:36:06 ID:O2fnpNrf
クリスマスなごりのなごみ。 
近所の小さなケーキ屋さんに、値崩れケーキを期待して行った。 
小さなおさいふを握り締めた幼い兄妹が私の直後にやってきた。 
「クリスマスのケーキはまだありますか」と言うお兄ちゃん(1年生くらい)の横で 
妹は「ねえサンタさんは? サンタさんもういないの?」と泣きそう。 
昨日は普段奥の厨房にいる旦那さんがサンタコスして 
子供に風船渡しながら売ってたからだと思う。 
お兄ちゃんが「もうクリスマスが終わるから、サンタさんは外国に帰ったんだよ」 
と一生懸命宥めるけれど、妹はしくしく泣き出してしまった。 

129: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2006/02/02(木) 23:05:41 ID:jOJlo+F6
なごむかどうかわからないけど投下してみます。10年ほど前のまだ学生だった頃、 
夫婦だけでやっている小さな店でバイトしていた時の話です。 
ある時、店の娘(当時4才♀おさげ)が私の上着のすそをひっぱりながら 
「ねえ、う○ち、ねぇ、う○ち」と何故かうっすら目に涙をためながら 
リピートで訴えてきた。連れて行けということらしい。(当方女です) 
たまたま店には私1人しかいなく、仕方がないので、店を一時的にクローズして 
すぐ近くのスーパーのトイレへ連れてった。 

188: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/03(金) 23:25:15.05 ID:cZSn1HuU.net
中学校で防災訓練があった時の話。教室は三階まであったけど、公立中学校だからエレベーターはなかった。 
そんな中、クラスのリーダー格が足を骨折をしていて、そいつだけは防災訓練中も教室で待機ってことに朝のホームルームで決まっていた。 
普段、そんな骨折リーダー格にからかわれて、軽く虐められているヒョロヒョロチビ男子がいた。そいつは、その日、遅刻してきて、防災訓練のことも骨折リーダーを放置することも知らなかった。 
そのため防災訓練が始まると、ヒョロヒョロは本当の火事だと思ったのか、置き去りにされる骨折リーダーを見てビックリし出した。 

127: 名無しさん@HOME 2010/01/13(水) 23:52:10
子猫が我が家にやってきました。 

そんな今日のトメ。 
子猫用のキャットフードを買い過ぎて嫁にちょっぴりたしなめられる。 
子猫の名前は「トリプル」希望(三毛猫だから) 

ついでに今日のウト。 
覚えたての「ぐぐる」で、子猫の飼い方育て方を調べまくる。 
子猫の名前は「ミケ」希望(三毛猫だから) 

158: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2014/04/21(月) 21:29:02
会社で夫が「某北の国の総書記様に似てる」といわれ(実際似ている) 
ちょっとイライラのような、モヤモヤのような感じで帰宅してきて、愚痴ってた。 

198: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2014/12/09(火) 16:41:39
20年近く前の話。 
中学生の頃、1人でじーちゃんばーちゃんの家に行くことになった。 
我が家からは5時間くらいかかる。 
(在来線→東京駅→高速バス→在来線) 

高速バスで平駅(今のいわき駅)に着いた。 
さぁ、ここから在来線だ!と思ってたら、トラブルで遅延してる。 
当時は携帯なんてないから乗換案内もないし、電話するなら公衆電話。 
自宅に電話したり、少しビビりながらも駅員さんに時間を確認、 
本屋などで待ち時間を過ごし、無事に2両編成の電車に乗った。 

699: 名無しさん@おーぷん 2016/06/30(木)15:48:36 ID:uHX
あまり修羅場じゃないけど、お茶請けにほのぼのとした話を一つ

台所で茶碗洗ってたら、隣家の庭から草刈り機のエンジン音が聞こえてきた
隣家の人が庭の草刈りを始めたんだな〜と思ってたら、それと同時に『がんばれ〜!がんばれ〜!』という幼児の声援が聞こえてきた

808: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)17:57:47 ID:5s2
姉家族の家に遊びに行った時のこと。

ドタドタと慌ただしく高2の甥が帰ってきて、姉を見つけるなり
「おふくろ!俺、バスケ部の部長になった!あと、身体測定で身長が180cm越えてた!約束守れよ!」
約束、の言葉に姉が戸惑っていると、甥は忘れたのか!?と、憤慨気味に約束の内容を語り出した。

姉家の末っ子が生まれる前のこと。甥(推定5歳)は、好物のハンバーグが小さいことが不満だった。
特に、父とは倍くらい大きさが違うことが許せず、母に抗議した。