お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

子供

118: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2005/12/25(日) 18:36:06 ID:O2fnpNrf
クリスマスなごりのなごみ。 
近所の小さなケーキ屋さんに、値崩れケーキを期待して行った。 
小さなおさいふを握り締めた幼い兄妹が私の直後にやってきた。 
「クリスマスのケーキはまだありますか」と言うお兄ちゃん(1年生くらい)の横で 
妹は「ねえサンタさんは? サンタさんもういないの?」と泣きそう。 
昨日は普段奥の厨房にいる旦那さんがサンタコスして 
子供に風船渡しながら売ってたからだと思う。 
お兄ちゃんが「もうクリスマスが終わるから、サンタさんは外国に帰ったんだよ」 
と一生懸命宥めるけれど、妹はしくしく泣き出してしまった。 

スポンサーリンク

129: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2006/02/02(木) 23:05:41 ID:jOJlo+F6
なごむかどうかわからないけど投下してみます。10年ほど前のまだ学生だった頃、 
夫婦だけでやっている小さな店でバイトしていた時の話です。 
ある時、店の娘(当時4才♀おさげ)が私の上着のすそをひっぱりながら 
「ねえ、う○ち、ねぇ、う○ち」と何故かうっすら目に涙をためながら 
リピートで訴えてきた。連れて行けということらしい。(当方女です) 
たまたま店には私1人しかいなく、仕方がないので、店を一時的にクローズして 
すぐ近くのスーパーのトイレへ連れてった。 

699: 名無しさん@おーぷん 2016/06/30(木)15:48:36 ID:uHX
あまり修羅場じゃないけど、お茶請けにほのぼのとした話を一つ

台所で茶碗洗ってたら、隣家の庭から草刈り機のエンジン音が聞こえてきた
隣家の人が庭の草刈りを始めたんだな〜と思ってたら、それと同時に『がんばれ〜!がんばれ〜!』という幼児の声援が聞こえてきた

216: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2015/01/31(土) 17:06:43
姪っ子の話 

妹家族は正月に行き来する親族は、妹旦那の両親と俺くらいしかいない 
だから、小学校四年の姪っ子のお年玉合計額は同級生と比べても少ないようだ。 
かわいい姪っ子だから、ついつい多めに渡してしまうが、妹から後で怒られる 


今年の正月はお年玉にいたずらをした。 
ポチ袋にちょうど入る剣先いかのスルメを入れて手渡した。 

298: 名無しさん@おーぷん 2015/07/22(水)09:36:45 ID:tLQ
連休中、友達とその子供とショッピングに行ったんだけどカートで遊ぶわ寝転ぶわ走り回るわ甲高い声で叫ぶわ陳列品に潜って隠れるわガムを持ったまま店から出ようとするわそのガムを口にくわえるわで散々だった

207: 名無しの心子知らず 2013/01/27(日) 10:36:21 ID:HDl+cg4S
だだこね二歳娘 
寝るのイヤ!お布団イヤ!と泣いて怒ってたくせに、突然ピコーンって顔して 

340: 名無しさん@おーぷん 2015/10/27(火)15:31:47 ID:86H
先週、うちの前の道を大声あげて泣きながら、1人で歩いてる2〜3歳男児がいて、
狭いながら車の通りも多い道なので慌てて声かけしたら、男児のトレーナーの前に犬のウン○が・・・

あまりまだお喋り出来ない子&泣いてる状態で大変だったけど、なだめながら訊いた話では、
「パパと散歩してて、転んで、服にウン○ついちゃった。パパがすごく怒って、お前はいつも何とかって、
電話で僕の頭叩いて、先行っちゃった。置いていかれた。ここからおうちまでの道がわからない」
ということだった。

244: 名無しさん@おーぷん 2015/04/26(日)18:03:09 ID:UDq
助け合いの精神ってなんだろう。
こっちが助けてもらいたい時にはそれらしい理由つけて断る癖に。
助け合ってないんですけど。
子供が熱出したー子供ガー子供ガーとウソだとしてもそう断られればこっちは何も言えないじゃない。

で、今日もまた託児してほしいと昼間に押しかけてきやがって。
その際にうちの車庫にあった新車を見て「へー車買ったんだー。なんで報告してくれなかったの〜?」と意味不明な事を言ってきた。

588: 名無しさん@HOME 2015/05/25(月) 16:39:40.32
幼稚園から連絡来て大騒ぎだった。 
夜には義親と義兄とうちの夫も帰宅するから徹底追及する。 

うちの子のお弁当を朝に義兄嫁が強奪した。 
娘には義兄嫁作のきったない弁当を寄越してきて娘は「いらない」と地面にぶんなげたそう。 

861: 1/2 2006/01/28(土) 18:15:42 ID:p2lF5+KU
中学入学から1年半、夏休み前までの俺はクラスのいじめられっ子だった。 
俺の天敵は3人。 
いつも俺は奴らのおもちゃだった。 
たとえて言えば、「お財布持参の買い出し係 兼 ストレス解消サンドバック係」という感じだろうか?  

今年の夏休みが終わった始業式の日の朝。 
ホームルーム前の教室で、いつもの3人がこれまたいつものように俺にちょっかいを出してきた。 
「○○〜(俺の名前)久しぶりだからなぐらせろよ!」 
俺はいつものように蛇に睨まれた蛙のごとく固まった。