お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

外国人

339: 名無しさん@おーぷん 2014/07/03(木)11:49:13 ID:cp9ncnlK7
職場のイギリス人になつかれた話

俺、片田舎にあるホテルの経理をやってる

340: 名無しさん@おーぷん 2014/07/03(木)12:06:01 ID:cp9ncnlK7
途中で……orz

イギリス人は29歳、嫁と子供あり。フロントマンをやってるんだが
うちのホテル、経理は皆から恐れられてて、誰もうちの部署に近付かない
が、そのイギリス人は違った 
分からない日本語があると、事ある毎に、わざわざフロントから経理の部署にいる俺まで聞きにくる

スポンサーリンク

923: おさかなくわえた名無しさん 2005/04/29(金) 08:26:43 ID:fXoaD7Cx
自分も回転寿司で白人のおっさん3人組と出くわした。 
(隣の席になった) 

お茶とかわからないらしく、粉茶見て「?」って感じだったので 
あの、と声掛けて「でぃすいずてぃーぱうだー。いんざでぃすかっぷ」 
つって湯のみに入れて見せ、湯の入れ方も教えた。 

480: おさかなくわえた名無しさん 04/12/19 17:20:18 ID:ToeeU7+P
半年ほど前にふらっと入ったインド料理屋。 
ランチタイムだったんで、カレーのバイキングしかなかった。 
なんか接客がいい加減というか、適当というか、 
よくわからないけどインドっぽかった(インド行ったことないけど)。 

376: おさかなくわえた名無しさん 04/12/13 21:14:19 ID:2p82Z4D1
友人のスウェーデン人。 
北欧の人特有の透き通る肌と薄い色のウェービーな金髪のちょー美形で 
会った女は必ず初対面からメロメロになる。  

521: おさかなくわえた名無しさん 04/12/20 13:22:36 ID:x3VhIxpe
ちょっと前の夕方ニュース特集で深夜営業のラーメン屋にやってくるお客様ウオッチング 
やってた。そこにやってきた男性外国人2名(客には全員モザイクはいってたので国籍不明。隠しカメラだったし)。 

以下英語での会話 
「水ほしくない?」 
『日本語でなんて言うんだっけ?』 
「"オヒヤクダサイ"でいいんじゃね?」 
『えー水だろ?"オヒエ"だよ』 
「いや"オヒヤ"だって」 
『いや"オヒ(略』 

724: おさかなくわえた名無しさん 05/01/13 13:45:01 ID:mfibNKzp
10年前の話ですが、学食の背後の席から聞こえてきた会話。スゴイでかい声で。 
「俺さー、銭湯好きで、毎日行ってんのよー。 

792: おさかなくわえた名無しさん 05/01/17 17:53:10 ID:4qysNn31
このスレ見てたら小学生の頃通ってた大好きだった英語塾の先生に会いたくなってきた。 
でもアメリカに帰っちゃったんだよなぁ・・・。 
その英語塾に行けば住所教えてくれるかなぁ・・・くれないだろうな。 
See you again!と別れ際に言ってた先生を思い出すとちょっぴり切ないぜ。  

116: 名無しさん@HOME 2010/06/26(土) 23:57:51
今日のトメ 

最近国際結婚した弟くん宅に招かれる 
奥さんが和服を見たり着たりしたいとのことで、金髪の新婦さんに着付け&浴衣をプレゼント 

お礼に奥さんの手料理を振る舞われたのだが 
奥さんは弟君の好物の「野球丼」を練習したから、食べてみてアドバイスが欲しい云々 
自分の子供の好物の「野球丼」とは何だろう?トメさんはそんな料理は知らない 

708: おさかなくわえた名無しさん 05/02/26 21:23:23 ID:mRk8ZEK2
さっきコンビニに飯買いに行ったら 
ラテン系っぽい顔立ちの外国人2人がいて、 
オニギリの棚の前でオニジリオニジリ言ってた。  

158: なごみ 1/2 2006/07/26(水) 14:05:12 ID:2/ONInGs
855 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 00:30:28 ID:7FSSkth9 
何か上の方のアルマーニのオッサンの話し読んでて思い出した。 

三年ぐらい前に、チョッと営業でイギリスに単身赴任してた。 
んで、なかなか人間関係が構築できないわ、飯は不味いわと色々上手く行ってなかった。 

ある日、唯一と言って良い勢いで美味しいランチの食えるオープンカフェを見っけて、そこでよく食事してた。 
それでいつもの席で何時もの様に飯食ってたら、糊のしっかり聴いたスーツを着た、 
目が爛々とした…っていうか、妙なオーラの出てる、骸骨みたいに細い爺さんが俺の席に着いたんだ。 

んで、俺がヘッタクソな英語で、「どちらさまですか?」と言ったら、爺さんは爛々とした目を向けて、「日本人だな。」って言って、俺が「イエス」と応えると、