お茶のこさいさい

ほっこりほのぼのを中心に生活系の短文のお話しをまとめたサイトを運営しています。 忙しい時間の中でもサクッと読めるような短文記事ばかりですので通勤・通学・就寝前にでも読んでいただけれると嬉しいです♪

スポンサードリンク

家族

948: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)00:56:07 ID:OwVZJyy3c
ちょっと重いかも知れんけど投下。

俺は家族に愛されずに育った。
8つ離れた兄には毎日なぐられ、7つ離れた姉には毎日罵られ、実の母には常に無視され続けた。
だからクリスマスや正月だけじゃなく、自分の誕生日さえもした事がなくて、夏休みとか俺だけ三日間とか普通にご飯抜きとかあった。

『何で俺だけ…』

そんな思いが最高潮に達したのは、俺が家を出て数年経ってから。

スポンサーリンク

41: 名無しさん@おーぷん 2016/06/18(土)17:01:38 ID:Iz8
メシマズという言葉を覚えた旦那にメシマズ嫁呼ばわりされることがちょくちょく出てきた。
2日目で味が染みこみすぎた煮物とか、味噌がちょっと少なかったかなーと思う味噌汁とか、
そういうことにまで「もしかしてメシマズ?」とか言いやがる。
それまで普通に食べていたし「2日目だし味濃いのかな」とか「ちょっと味薄いかもね」くらいしか言わなかったのに。

646: 素敵な旦那様 2005/07/27(水) 23:42:24
今日、会社から帰ってきたら、子供二人がそれぞれ「おかえり~」「おかえり~」 
夕食の用意していた嫁も出てきて「おかえり~」 
すると小4の息子が「父さんは三回も『ただいま~』を言わなくちゃいけないから大変だね」 
と言い出した。 
三回も「ただいま~」を言える漏れは幸せなんだよ。

745: 素敵な旦那様 2005/08/24(水) 21:55:03
京都に住んでいる。嫁さんはあまりこの土地に詳しくなかったので、ちょっと嘘を言ってみた。 

「京都の成人式はちょっと変わってるねん」 
「ほんと?」 

150: 車板住人 2013/10/28(月) 20:24:03.97 ID:XbguT1XI0
姉「や…やめてください…」 
姉「へへへ……ラップはもうビリビリだぜ、あとはフタだけだ」 
姉「いやぁ!だめ、フタを開けないで…!」 
姉「ひゃっはあ!なんて嫌らしいノンフライ麺だ!」 
姉「おいおい、スープの素が2袋もあるぜぇ、こいつ誘ってんじゃねえのか?」 
姉「そ、そんなんじゃありません…!」 

461: 名無しさん@おーぷん 2016/04/23(土)22:14:31 ID:k37
私の縁談をぶち壊し、キチな行動で周囲全部に迷惑かけ続けてた毒親。
絶縁してたんだけどどうやって調べたか、数年ぶりに電話かけてきた。
病気で余命が、というので
「やったー!いつ死ぬの?今日?明日?
なんだー一年以上かかるのー?死んでからにしてよね連絡」

444: なご 2011/12/25(日) 12:41:15 ID:5xDmCsyi0
家族ネタですませんが。 
早朝、胸騒ぎが実家に行った(徒歩10分の距離) 

廊下でサンタの格好して倒れている父、発見 

大事な夜は酒を飲むなと言ったのに…と思いながら白い袋回収 

151: 名無しさん@おーぷん 2014/09/17(水)10:27:08 ID:pcrmdQnvM
私は有料の老人ホームで働いてる。
入所者さんの中に、穏やかで可愛い感じのお婆ちゃんがいる。
仮にAさんとするが、Aさんには一人息子がいて、孫も二人。

ホームからそれほど遠くない所に住んでいるのだが、
息子さんは仕事が忙しくて、年に何回かしか面会に来ない。
孫は正月だけ、お年玉をもらいに来る。

Aさんは家族を恋しがって、面会を首を長くして待っており
その様子を見るのが辛い。

115: 名無しさん@おーぷん 2014/10/24(金)01:34:29 ID:asU4urPAS
7年前に嫁と別れて、一人娘も嫁の親権に。
嫁の方が給料も多く、福利厚生もしっかりしていたのと
当時の俺の仕事が海外出張当たり前の部署だったので娘は諦めた。
嫁から離婚の原因は俺があまり家にいなくて、家事も出来なくて育児にも参加できないので
結婚している意味がないって言われたよ。

憎しみ合って別れたいわけじゃなくて、自分のわがままだから娘の養育費はいらないって。
それでも、俺は娘の為にと渡せるだけの金は渡した。

194: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2009/08/30(日) 07:53:31 ID:rRG0pYCB
うちの萌えパパン。 

自分は毎年、父の日にはギフトカタログから選んで、花の鉢植え+αを実家に届けている。 
何年か前に、小さな胡蝶蘭の鉢とバームクーヘン(父好物)を送った年があった。 
普段父は私と口を利かない(不仲とかではない)ので、母づてに「喜んでたよー」と聞いてニヨニヨ(・∀・`*)と満足していた。